マニュアル_6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戻る

補遺A--軍装備品

軍装備品序論

Supreme Ruler 2020 には現代のほとんどすべての兵器-陸海空とミサイル-が登場します。

陸上ユニットクラス(各ユニットは1個大隊に相当)

地上ユニットは、7つのクラスに分類される。すなわち、歩兵、偵察、戦車、対戦車、砲兵、対空、支援の7つである。精強な機甲部隊を構築する上で重要なのは、さまざまな状況に対応できるように、ユニット群をうまく組み合わせることである。あるクラスでは、訓練度や装備品によって、ユニットの能力が大きく異なるものもある。ユニットに習熟することにより、いかなる任務にも耐えうる軍隊を育てることができるようになるだろう。

歩兵--歩く兵と表記されるが、今日における歩兵大隊は実質的には機械化されている。すなわち、装甲車を装備しているということである。歩兵は、塹壕や防御施設であらかじめ守られた陣地や地形(都市など)を防衛するときに、その効力を発揮する。開けた土地ではもろく、戦車や空襲の格好の標的となる。機械化されていない歩兵は、移動力を持たないため、守備兵として展開するのが最善である(ただし、ほとんどは輸送ユニットによる移動も可能)。

歩兵ユニットの多くは特殊能力を保有している:

パラシュート降下:空挺ユニット、海兵隊、特殊部隊は、訓練を受け、しかるべき装備品を所持しているので、輸送機や輸送ヘリから、地上ヘックスに降下できる。

特殊訓練:レンジャーや特殊部隊といったエリートユニットは、隠密性が高く、補給品をより効果的に使用することができる。

エンジニア:工兵ユニットは臨時滑走路や臨時の桟橋を、補給品の届かない地域に建設することができる。また、建物施設の建造速度を上げることができる。

爆破:一部のユニットは爆破訓練を受けており、敵国の建造物をより効果的に破壊することが出来る。

偵察--偵察大隊の主たる目的は、自身は発見されないようにしつつ(可能ならばだが)、敵の位置および配置を探ることである。よって、偵察大隊の装備は機動性が非常に高く、センサーの範囲が広く、行動可能範囲も広い。一方、武装は軽装で限定的である(補給品や弾薬も少ししか携帯しない)。

戦車--戦車大隊は攻撃的軍事力の主幹をなすものである。ほかのクラスほどの機動力はなく、敵の防衛線を突破する用途に特化されている。移動しながら戦う場合にその効力を発揮し、開けた場所で戦うのに向いている。移動しにくい森林、山岳、市街地などでは能力が落ちる。他のクラスよりも間接攻撃(砲撃や爆撃)によく耐える。

対戦車--歩行型と機械化型がある。対戦車ユニットは、構築された陣地において、装甲車に対し素晴らしい防御力を発揮する。攻撃には向かず、移動中に敵に遭遇した場合非常に脆い(通常の攻撃作戦行動には推奨されないが、機動力とある程度の機械化がほどこされた対戦車タイプは、敵領土において有効な急襲をかけることができる)。

砲兵--主要な長距離攻撃兵器である。タイプによって、その射程や効果はさまざまであるが、通常「ソフトな(装甲の施されていない)」目標に対し有効である。榴弾砲「ガン型」、ロケットランチャー「MLRS」の2種類がある。ロケット発射型砲兵は、長い射程を持つ傾向にあるが、補給品や弾薬の消耗が激しく、再装填に時間がかかる。砲兵ユニットは接近戦に弱い。そのため常に他のユニットに守ってもらうことが推奨される。砲兵ユニットは敵領土を占領することが出来ない。

対空--歩行型と機械化型の2種がある。どの対空ユニットを選択するかというときには、機動性、最大射程、航空ユニットに対する攻撃力といったことを考慮する必要がある。中高度、高高度の防空に特化したものもあるし、低空(ヘリや攻撃機)に適したものもある。対空ユニットは敵領土を占拠することが出来ない。

兵站--:このクラスのユニットは、通常、非戦闘型であるが、建築から補給までさまざまな役割を持っている。砲兵と同じように、直接攻撃には非常に弱い。補給トラックは砲兵などによる間接攻撃にも弱い。支援ユニットは敵領土を占拠することが出来ない。

陸軍ユニットに付与される特殊能力:

水陸両用(湖や河川を移動可能)

パラシュート降下(航空機から降下可能)

爆破工作用装備

NBC装備(核および生物科学兵器に対する防護)

間接攻撃(範囲攻撃、無差別攻撃-砲兵および戦略爆撃)

架橋(他のユニットが渡河できるように橋を架ける)

空軍ユニットクラス(各ユニットは1個飛行中隊に相当)

航空ユニットもまた7つのクラスに分類される。すなわち攻撃ヘリ、戦闘迎撃機、戦闘爆撃機、戦略爆撃機、偵察機、無人機、輸送機である。
それぞれのクラスは非常に専門特化された役割を持ち、戦術を成功させるには秩序だった組み合わせが必要となる。単に制空権を確保するというだけではない戦術的な運用をする必要があるのである。

攻撃ヘリ--このクラスには、対戦車または対潜水艦を目的とする強力な攻撃ヘリが含まれる。これらは必要ならば場所を選ばずに移動する能力があり、迅速な対応ができる。低空を飛び、飛行速度も遅いため、対空兵器や戦闘機に対して弱い。

迎撃戦闘機--:これらの航空機の主たる役割は、戦場全体の制空権の確保である。非常に射程の長い空対空兵器を搭載しているものもあり、安全な場所から敵を攻撃できるものもある。迎撃機はミサイル搭載能力が優れていることが多く、地上ユニットや建造物に対する脅威となりうる(迎撃機の性能による)。

戦闘爆撃機--これらの航空機は、地上ユニットを主たる攻撃目標としている。ミサイル搭載能力の高いものもあり、汎用性が与えられている。F-117などはステルス能力があり、最小限の被害でヒット&アウェイをくわえることができる。

多用途戦闘機--これらの航空機は、空対空および対地攻撃両方を目的に設計されている。その対空地能力により汎用性が非常に高いが、一般的に、より専門的な迎撃機や爆撃機よりその能力は劣る。

戦略爆撃機--地域攻撃用に設計されている。これらの爆撃機は、構造物や防護されていない歩兵に多大な打撃を与える。中高度より爆弾を投下するので、多くの地上ユニットからの対空砲火に対し防御力がある。ステルス能力を備える戦略爆撃機もあるが、戦闘機に対してはおおむね脆弱である。このクラスのユニットは数が少ない。これらは高価で製造に時間を要する。また、制空権が100%確保されている時にのみ有用である。

偵察/AWACS--これらの航空機は、戦闘においてもっとも重要なアドバンテージを与えうる。すなわち、戦況がどのようになっているか把握できるのであり、適切な対応をとることができるようになるのである。AWACS(空中警戒管制機)は航空および地上ユニットの両方を広範囲にわたって索敵することができる(潜水艦を検知することができるものもある)。索敵能力は非常に高いが、一般的に防御能力はほとんどない(一部はミサイルを搭載できるものもある)。戦線より後方に下げておくことが最上であり、多くの護衛を貼り付けておくのがよいだろう。最近では無人航空機(UAC's)も開発されており、偵察索敵目的に使用されている。

補給/支援--このクラスには、補給機や特殊部隊浸透用ヘリ、大型貨物機、給油機などが含まれる。任務に応じて編成するのが重要であるが、積載能力や専門性の制限に留意する必要がある。補給ヘリは歩兵の輸送に有用だが、軽装備で身の軽い歩兵しか運ぶことができない。輸送機は、より幅広い種類のユニットを輸送できるが、空港でしか乗降できない(例外はパラシュート降下部隊で、これはどこでも降りることができる)。このユニットは広く用いられるものであるが、対空攻撃や迎撃機に対し非常にもろい。

空軍ユニットに付与される特別な能力:

短甲板可能(短い甲板、長い甲板両方の空母に着艦可能)

長甲板可能(長い甲板の空母に着艦可能)

空中給油(その能力をもつ航空ユニットに対し、空中給油できる)

空中給油可能(中高度において給油を受けられる)

電子妨害手段(レーダー妨害)

対潜兵器(潜水艦を検知し、あるいは攻撃することができる)

海軍ユニットクラス(各ユニットは単一の船を表します)

海軍のUnitsは6つの設備のクラスに分割されます: 潜水艦、空母、駆逐艦/クルーザー、フリゲート/コルベット艦、パトロール/サポート、および輸送/貨物。 あなた自身の大陸を超えてパワーを映し出すために、よく備えられている海軍は重要です。

また、あなたの海軍の部隊に層状防御を提供するのも、様々な脅威からそれらを保護するために重要です。 (輸送船団は海中の脅威を検出して、捜すことができるだけでよいのではなく、また、できるのを除いて、ミサイルとアンテナに対して防御するのは攻撃されます。)

潜水艦--このクラスは現代の海軍における、ミサイル潜水艦と攻撃型潜水艦、2つの非常に異なった役割の両方を取り入れます。 ミサイル潜水艦は陸攻撃用ミサイル、たいてい長期の巡航ミサイル、およびICBMを発射するプラットホームです。攻撃型潜水艦は海軍の出荷を捜して、他の潜水艦を専攻します。 ユニット統計を見直して、意図する仕事のための右のユニットを選択しているのを保証するように注意してください。

空母--これらのユニットはどんな海でも航空事業を上演する彼らの能力を通した純粋に不快な力を映し出します。 彼らの運ばれた空軍力が表面に対する良いディフェンスに海軍の脅威を提供できますが、空母がまだ潜水艦とミサイルからの攻撃に十分影響されやすいので、一般に、良い反潜水艦船とミサイル巡洋艦でこれらの最も貴重な資産をエスコートするのは、良い戦術(利用可能であるなら)です。 覚えていてください、そして、あなたの空母は不快な力をおひざ元からはるばる映し出すことができます。 より大きい縮尺地図では、それらは家から遠くに操作を支えるのに重要になるでしょう。ノート:ある航空機だけが空母を非難できます。

デストロイヤー/クルーザー--これらは他の船による戦闘で主に海軍の優越を達成するように設計されている表面軍艦です。 正確な船の仕様は、それらがサブハンター、反空気または反ミサイル防衛であることのように特別な防衛的な役割を提供するのを助けることができます。 役割においてフリゲート/コルベット艦と非常に同様ですが、それらは、一般に、建てるために時間がかかって、より高価です--しかし、それらは、より良い攻撃パンチを提供します。 また、これらのいくつかの船には、より長い範囲対艦ミサイルが積まれる能力をそれらに与える重要なミサイル容量があります--またはいくつかのケース、陸攻撃巡航ミサイルで。 また、このクラスが戦艦を含む、どれ、今日の海軍でまれである間、ある戦闘と防衛的な利点を持ちなさいか。 彼らの長い体格時代は、それらを新しい生産には、より魅力的でなくする傾向があります。

フリゲート/コルベット艦--駆逐艦/クルーザーと、そして、まだよりわずかなスケールの上で同様です、これらは他の船による戦闘で主に海軍の優越を達成するように設計された表面軍艦です。 正確な船の仕様は、それらがサブハンター、反空気または反ミサイル防衛であることのように特別な防衛的な役割を提供するのを助けることができます。

監視船--建てるのが比較的安くて、迅速であることで、これらの船は、多くの攻撃パンチを提供しませんが、あなたの、より大きい部隊に海軍の偵察を提供できます。 いくつかの監視船には、わずかなミサイル容量があります。

輸送--このクラスにおける船の役割は水で他の船、または、転送陸のユニットに物資を供給することです。 それらは、実際にはどんな防衛的な能力も持たないで、最も弱い戦闘艦でさえ破壊できます。

海軍ユニットに付与される特別な能力:

Short deck unit(できる空気がこの船に着陸させることができる短いデッキ)

Long deck unit(どんなキャリヤーできる空気もこの船を非難できます)

Indirect attack(特定の目標ではなく、領域を攻撃します)

NBC-equipped(核的か化学的であるか生物学的な攻撃から、保護されます)

Landing craft(降ろすために埠頭/ポートを必要としません)

Anti-submarine warfare(潜水艦を検出する、そして/または、噛み合わせることができます)

ミサイルユニット(各ユニットは単一のミサイルを表します)

ミサイルはそれらの着手プラットホームによって分類されます: 陸のベースで、空気ベースで、船のベースで、潜水艦ベースで、ミサイル格納庫に基づきます。 ミサイルには、4つの専門の1つがあります--反船、防備攻撃(施設構造を攻撃する)、反ユニット、または集中攻撃(ユニットを抑圧して、銃と同様の地域攻撃を提供するために、設計されています)。

ミサイルのクラス(プラットホームに基づく)

見出しが示すように、ミサイル部隊はそれらの役割に基づくクラスに分割されます。 むしろ、それらが進水するプラットホームで。 いくつかのミサイルが、実際に複数の着手がプラットホームであるとサポートするかもしれません、ミサイルデザインの代替のバージョンはそれがサポートするそれぞれのプラットホームタイプのために多くの場合存在していますが。

可能なミサイルプラットホーム:

Land-Based--ミサイルの発射ができる陸のユニット

Air-Based--ミサイルの発射ができる航空機

Naval-Based--ミサイルの発射ができる船

Sub-Based--ミサイルの発射ができる潜水艦

Silo-Based--発射のためにサイロを必要とするミサイル

ミサイルの役割

着手プラットホームがそこに記載されたミサイルの役割か目的を反映しないので見て、それぞれのミサイルタイプが実際にどんな攻撃に設計されているかを理解しているのは重要です。 本質的には、ミサイル部隊の4つの可能な目標目標があります:

Anti-ship missiles

Land unit suppression(地域攻撃)

Land unit destruction(誘導された攻撃)

Fortification attack(構造を破壊します)

どこで、他のすべてのミサイルがタイプですか?Supreme Ruler2020では、ミサイル部隊は防空炎か他のミサイル防衛システムで妨害できるミサイルに使用されます。 これのために、多くの短距離の、そして、専用であるミサイルが、「ミサイル部隊」であることは考えられないで、代わりにそれらの対応する発火ユニットの標準の攻撃能力の一部です。 この例はF-14戦闘機によって発射された不死鳥空対空ミサイルです。 反空気炎で妨害できないので、mach5の飛ぶ速度で、それは、いつも有効な長期の反空襲の強さとしてF14年代の統計で現れます。

一般に、すべての反空気ミサイルが多くの高速であるか短距離の地面と海軍の攻撃兵器のようにこのように扱われます。

ノート:核弾頭ミサイルは、いくつかの領域で利用可能であり、それらが調べられるとき、核アイコンで示されます。 どのミサイルを使用したらよいかを選ぶときには、そうしないつもりであるなら大量破壊兵器を発射していないのを二倍確実にしてください。

ユニット仕様アイコン

あなたが部隊にアクセスするときはいつも、ユニットに関する強さと技術仕様書を表す多くのアイコンをあなたに提供します。 ここに、各アイコンが表すことの概要があります。

仕様注意:

1) 各アイコンの下では、その項目の値を数値と考えるか、または最大の部分としてグラフィカルに表すことができます。 グラフィカルで数字の表示を切り換えるために、グラフか数をクリックします。 バーチャート、バーが見られたつもりであったように見られたいつが数値でツールでくつがえされたか。

2) ユニットは以下の本当の世界組分けに基づいています: 船とミサイルのための航空機/単一の単位陸/支隊のための大隊。 仕様は、全体の単位の値を表すように報告しました。 ただ一つのコンポーネントであるだけではない。

強さ:これは全体の単位(大隊/支隊/船/ミサイル)の強さを表します、最高数が現在の強さを表していて、下部番号がユニットの「完全な」強さを表していて。 大隊と支隊に関しては、これはユニットに設備断片か分隊の数を表すでしょう。 例えば、支隊における18機の飛行機を反映して、Mirage-2000迎撃戦闘機の通常の強さ支隊には18の定員があります。 船に関しては、強さは完全な運用能力の割合です。

供給:これは、弾薬を表して、ユニットをアクティブに保つのが必要である他の供給を分類しました。 それらはたくさんの軍需物資として報告されます。

燃料:これはユニットを完全にあおるのに必要である石油(バーレルで、報告される)の量を表します。 (彼らが加工燃料を必要としないとき、0を脚のユニット報告します。)

ミサイル容量:ユニットのために: これは「ミサイルポイント」に有効なミサイル部隊容量を反映します。 (あるタイプの空対空ミサイルなどの短距離ミサイルは、ミサイル部隊であることは考えられないで、代わりに外で供給ロードする一部です; その他の詳細に関してミサイルの上のセクションを見てください。) また、制限がロードできる最大のただ一つのミサイルサイズにあることに注意してください。 これはユニットに関する技術仕様書に基づき示されます。

ミサイルのために: これはこのタイプの単一のミサイルの「ミサイルポイント」サイズを反映します。

こっそりの強さ:これは他のものによって見つけられるのに抵抗力があるaユニットがどうあるかを表します。 数が大きければ大きいほど、それは、よりありそうもないです。ユニットは見られるでしょう(適切な設備で捜されない場合)。

染みになる範囲:ユニットが見つけることができる距離を表します。 (ユニットの染みになる能力の実勢力は技術仕様書で報告されます。) その範囲の中でどんなユニットの窃盗、地勢、および動作にもよって、あなたは必ずあらゆるユニットを見るというわけではないでしょう。

旅行範囲:これはユニットが燃料の1つの全荷重のときに旅行できる距離を報告します。 (彼らが加工燃料を必要としないとき、0を脚のユニット報告します。)

動き速度:これはユニットが移動できる最高回転数です。

柔らかい攻撃:ユニットがそれらの目標を噛み合わせることができるソフトターゲット(乗り物をunarmoredした)を攻撃することにおける、ユニットの相対的な強さ、および最大も及びます。

硬い攻撃:そして、硬目標(装甲車)を攻撃することにおける、ユニットの相対的な強さ、ユニットがそれらの目標を噛み合わせることができる最大範囲も。

接近攻撃:「接近戦」状態のユニットの相対的な強さ--密林と都市の地勢状況を含んでいます。

海軍の水没した攻撃:(適切なユニットへの「厳密な攻撃」を取り替えます) ユニットがそれらの潜水艦を噛み合わせることができる潜水艦を攻撃するユニットが攻撃する相対的な強さ、および最大も及びます。

海軍の表面攻撃:ユニットが攻撃で軍艦を表面化させて、また、ユニットがそれらの船を噛み合わせることができる最大範囲を表面化させるのをさせる相対的な力。

防備攻撃:ユニットがベースなどの地図施設を攻撃しながら攻撃する相対的な強さ、それが攻撃されることができる産業、都市、および最大は及びます。 (あなたが組み立てたいかもしれないどのミサイルを考えるかとき、これは特に役に立つ統計値です。 かなりより遠くに遠くであるのからそれを始めることができるなら、時々、わずかに弱いミサイルは、より役に立ちます。)

低い空襲:ヘリコプターや、攻撃走行でのいくつかの飛行機や、いくつかのミサイルなどの低空を飛行中の航空機を攻撃するユニットが攻撃する相対的な強さ。 また、それは従事できる最大範囲を報告します。

空中攻撃:中間レベルの航空機、およびいくつかのミサイルを攻撃するユニットが攻撃する相対的な強さ。 また、それが従事できる最大範囲は報告されます。

高い空襲:ハイレベルの航空機(いくつかの偵察と戦略爆撃機)といくつかのミサイルを攻撃するユニットが攻撃する相対的な強さ。 また、それが従事できる最大範囲は報告されます。

接近防御:これは「接近戦」状況(密林と都市の地勢)における、ユニットの防衛的な強さを報告します。

表面ディフェンス:ユニットの直火陸のユニット(次の十六進法)によって攻撃されると相対的な防衛的な強さ。

防空:戦術の空襲に対する相対的なディフェンスの強さ。

間接的なディフェンス:それであるときに、ユニットの相対的な防衛的な強さは間接射撃(いくつかの銃、いくつかのミサイル、軍艦、および戦略爆撃機からの爆撃)に該当します。

以下の仕様は構成された(「分野」か蓄えで)実際のユニットに関して報告されるだけです。

効率:これはユニットが作動している電流効率レベルを報告します。 それはすべての戦闘力に影響するでしょう。

貨物:これはユニットが運ぶことができる供給、そして/または、他のユニットの現在の、そして、最大の重さ(トンによる)を表します。 (例えば、飛行機支隊の貨物船積載能力が100トンであり、空中大隊は105トンの重さがあるなら、それらの飛行機はそれを輸送できません。) また、ミサイルユニット・ロードは貨物できるユニットの貨物船積載能力を使いきるでしょう。 グラフィカルに示されると、アイコンの下の貨物バーは、緑色で供給貨物を見せていて、灰色でユニット/ミサイル貨物を見せるでしょう。

戦闘時間:これは長いa単位が軍需の供給からどう発火できるかを表します。 最高値は残っている戦闘時間(ユニットの供給レベルのための会計)です。 完全に供給するなら、下部値は最大の戦闘時間です。 この値は「何時間も」の間、示されます。 一般に、1時間の戦闘は地図の1「ショット」です。 (反復発火の正確な速度はユニットのInitiative値に依存しています。)

塹壕堀り:これは‘中の乳房'aユニットがどうあるかを表します。 数が大きければ大きいほど、ユニットが強固であり、それが受け取る防衛的なボーナスが良ければ良いほど、より多くです。 ユニットのクラスと地勢タイプは、ユニットがどれくらいすぐにそれ自体を確立できるかを決定して、どの程度にそうするか。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。