「ネタページ:島田敏(声優)」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ネタページ:島田敏(声優)」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *島田 敏(しまだ びん)
 **担当キャラ
 -[[メイアー>ネタページ:その他キャラ(TOP)]]他
 -[[ソロン>ネタページ:ソロン]]
 -[[ウィダーシン>ネタページ:ウィダーシン]]
 -[[オズバルド・ファン・クルエーラ>ネタページ:その他敵キャラ(TOI)]]
 -[[ロディル(OVA版)>ネタページ:その他敵キャラ(TOS)]]
 
 **声優・他作品ネタ 
 -「馬鹿な・・・この馬刺しが!」
 -イノセンスの権力で肥え太った豚野郎。「力の違いを見せてやる!」→タメの長い自己回復
 -ファンタジアのフルボイスエディションでも様々な役で出演してます(ルーングロムやライゼン等)
 -「ストップフロウ」ほどではないが、30秒間相手をノロノロにするビームを放つ能力者。「ノロノロビーム!」
 --ビームなので、金属等に跳ね返って自分がノロノロになることも。 
 -食べたものを自分の体の一部に出来る元王。今は財閥のトップである。
 --「バクバク食!」
 -「カカロッッッッットォォォォォ!!!!」
 --名言多数所持
 ---~したとて、この俺を超えることはできぬぅ!!
 ---その程度のパワーで俺を倒せると思っていたのか?
 ---~しなければ、俺はこの☆を破壊し尽くすだけだぁ!!
 ---手加減ってなんだぁ?
 ---俺が化け物?違う・・・俺は悪魔だ・・・!
 --デデーン♪やリメDミクトランの岩盤も有名。その息子クレスもフルボッコにしていた。
 --プロデューサーとしても有名。詳しくはブロリープロデューサーでレッツ検索
 --オリジナル展開の続編では双六世界の住人だった。
 -木星帰りのニュータイプ。旅をしている間に悟りのようなものを開いた。
 --女性が世界を統べるべきという考えを持っているようで、配下の女性と接しながら自らの完成を鍛えていた。
 ---自分を庇ったミリッツァを撃墜された時はかなり激怒していた。
 --「なぜ動かんっ!!」
 --自分が開発した機体で戦い、死に際にカーレルの精神を崩壊させた。(アニメ版)
 ---あるゲームではネオアクシズ総統であるユグドラシルに対して絶対の忠誠を誓っていた。同僚にはダオス(初代)とラルゴがいる。
 -エレボニア帝国にて西の地方を領地とする公爵。四大名門といわれる貴族当主のひとり。
 --帝国で大改革を執り行う鉄血宰相・ヴァンを打倒すべく、四大名門を中心とした貴族連合軍を率いてクーデターを敢行。実質帝国を手中に収める。
 ---ヴァンの狙撃はテロリスト集団・「帝国解放戦線」のリーダー・アスベルが行った。
 --ソロン自身、最強クラスの猟兵軍団「西風の旅団」の元メンバー(そのうちの一人がレイス)を雇って、敵対するトールズ士官学院特科VII組に攻撃をかけ、苦しめていく。
 ---ソロン率いる帝国連合軍は別の公爵家嫡男・ユーテキが総参謀を務め、自州の領邦軍の将軍にウンディーネ、アスベル・レイスのほか、「身喰らう蛇」からは劫炎と称される執行者・クロノス、さらに幹部・第2柱のエトスが集った。
 --だが、ソロンの真の目的は、250年前に祖先たる帝国第二皇子が皇帝となったものの、今の皇帝家の祖先により玉座を奪われ、「偽帝」の烙印を押された復讐にあり、代々伝えられる魔煌城と緋の騎神を手に入れ、古き善き秩序を蘇らせること、すなわち自らがエレボニア帝国の頂点に君臨することにあった。
----皇帝一家を監禁、さらには皇太子を人質・触媒として、古の機神を復活させてコーキスを襲わせるなど、やることはまさに外道だった。
---最後はコーキスと瀕死のアスベルに皇太子を奪還された挙句、ユーテキに裏切られて捕縛されてしまった(実はユーテキこそがヴァンの最大の腹心でもあった)。
+---皇帝一家を監禁、さらには皇太子リュネットを人質・触媒として、古の機神を復活させてコーキスを襲わせるなど、やることはまさに外道だった。
+--最後はコーキスと瀕死のアスベルにリュネットを奪還された挙句、ユーテキに裏切られて捕縛されてしまった(実はユーテキこそがヴァンの最大の腹心でもあった)。
+--その後は描かれていないが、「3」の新聞記事によれば終身刑の判決が下ったという。
 --ソロンの姪にエレノアがいる(実兄の娘)。
----兄夫妻(実はこの兄が公爵家当主となる筈だった)が海難事故で亡くなったことや、自らの野心で兄の遺児エレノアへの風当たりを少しでも和らげるために、親しい伯爵家に養女として向かわせていた。
----そのエレノア自身は次代ソロン公爵家当主に選ばれているが、ソロンの人柄に対してはよい印象を抱いていない。
+---兄夫妻(実はこの兄が公爵家当主)が海難事故で亡くなり、自らの野心のため兄の遺児エレノアを遠ざけるべく、エレノアの母方の実家である伯爵家に養女として向かわせ、さらには帝都の女学院に封じていた。
+----ひょっとしたら兄夫妻は弟・ソロンに海難事故に見せかけて殺されたという見方もある。
+---そのエレノア自身は次代ソロン公爵家当主に選ばれているが、ソロンについてはよい印象を抱いていない。
+----エレノア「あの愚かな叔父がやらかしたことですね。」
 -また、エレボニア帝国軍第三機甲師団長でもあり、「隻眼のソロン」と呼ばれる名将でもある。軍階は中将。
 --帝国皇子ジェイドの護衛を務める大剣使いの少佐・レイスは甥。
 --ジェイドに武術・戦術を教えた人物で、自らも帝国で一、二を争う名剣士でもある。
 --なお、ソロンが担当するのは「エレボニア帝国編・SC」にて。前作までは別の人が担当していた。
 -毎回初っ端からやられては小学生にその役目を押し付ける自称地球の守護神。
 --敵に立ち向かう→返り討ち→「頼んだぞ、地球の子供たち・・・」の繰り返し。
 ---もっとも、ガチで頼りないのは1作目(と4作目)くらいで、2作目では魔界で大魔王を押さえ込み、3作目の時は原始時代への侵攻を阻止していたようだ。
 ----と言うより、ロボに乗ると負ける。生身の方が強くないか? 
 --超機械大戦NEOではとうとう「無責任すぎないか」とツッ込まれた。
 -リチャードの息子で、ジェダイを復興させることになる男。
 --エピソード4から6の間に服が、白、灰、黒に変化していった。これは暗黒面に近づいている……ということらしい。
 ---エピソード7では、彼の甥にあたるザビーダがダークサイドとして登場。
 --日本のアニメの悪役ばかりと思いきや、洋画吹替えじゃ世界で一番で有名なSFヒーローの役もやってます。
 -妖星のソロン。
 --最期はダオス(初代)のことを自分より美しいと称賛して死亡した。
 ---「せめて最期はその腕の中で!!!」
 -3代目さくら家の祖父。
 --ガレノスは前任(2代目)だが、病のため降板・その後逝去した。
 --この役、初代といい2代目といい必ず演じれば…gkbr
 -スイカ大好きHOLY隊員。アルターもスイカというこだわりぶり。
 --部隊が壊滅した後はスイカ畑を作って汗を流していた。
 -BCPの掃き溜めと呼ばれる風紀課に所属する刑事。グレバムの部下。
 --コロニー育ちだが地球に憧れており、永住許可を待っていたがダオスに殺されてしまう。
 --リーガル主演のステルスゲームにも登場する外見が同じな同僚の女刑事に惚れていたらしい。
 -踏み込みの足りない攻撃を切り払う事に定評のある兵士。たとえ「セコい」と罵られても、大人しく遠距離攻撃(not遠隔操作武器)で倒そう。
 -「感染」のメリオルエッセで、いつもいい笑顔を浮かべている。上司は「破滅の王」ロニ。
 -知る人ぞ知る某特撮コント番組ではなんとキャストは彼一人。光の国から来た戦士も侵略者も怪獣も、ナレーションまで全て彼が行っている。ソロンスーパーファイト。
 -宇宙の輸送業者「宇宙便利社」の社員。会社の倒産後に同僚たちと「新宇宙便利社」を立ち上げて代表となるが、来る仕事はろくでもないものばかり。
 --本作のOPとEDは名曲。OPで「拍手をするほど働かない~」「大人が懐かしがることもない~」と言われているが、ソロン達はまじめに働いている、苦労の割に実益が伴わないだけ。これ見て子どもから大人になったら彼らの苦労を思い出す人もいるはず。
 -忍風戦隊の敵である宇宙忍者ジャカンジャの幹部・七本槍の一人・六の槍。愉快犯で、相手をクイズに挑戦し正解しないと出られない異空間に引きずり込む能力を持つ。なお、このクイズまともな回答は無い。
 --いつも仮面をしているが、その下には本人が嫌っている醜い素顔がある。最終決戦に首領ナッツにこの仮面を剥がされ暴走したところ、戦隊の仲間であるイクティノスと相打ちになった。
 --海賊戦隊では彼の息子が七の槍の息子共々登場。まともな回答がないクイズ出すのは父同様。
 
 ----