「キャラクター:エドワード・D・モリスン」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

キャラクター:エドワード・D・モリスン」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *エドワード・D・モリスン
 #region(目次)
 #contents(fromhere=true)
 #endregion()
 **ファンタジア
 >性別:男性
 >声優:井上和彦(SFC),石塚運昇(PS、PSP)
->エドワードの孫。かつてダオスを封印した法術士
->の一人。一連の事件にいち早く気付き、素早く
->行動を起こす。クレスの両親、ミントの母親とは
->古くからの知り合い。
+>本来の歴史で3人の仲間とともにダオスと戦った魔術師。OPでインデグニションを使ったのが彼。
+>その際に時間転移で逃げたダオスが現れた時には封印を施すこと、封印を施した場合は以後ダオスの封印を監視する役目を子孫たちに言い残す。
+>クレスたちが介入した歴史ではジェストーナに人質にされた子どもを救うために空間転移の術を使用しジェストーナとの相討ちを図り自爆した。
 -エドワードにはヴァルハラ戦役が始まる前に息子と娘がすでにいるのでエドワードが戦死しても孫の[[トリニクス>キャラクター:トリニクス・D・モリスン]]は存在できる。
--死亡後の遺書で判明するところによるとハーフエルフ。
+-PS版以降の死亡後の遺書で判明するところによるとハーフエルフ。
 -ちなみとオープニングで共に戦っていた仲間は、クレスの先祖アラン、ミントの先祖キャロル、そしてウィノナ・ピックフォードの三人。
 --名前は小説でのみの描写だが、?の数は合っている。
 -「[[この世に悪があるとすれば、それは人の心だ>台詞:この世に悪があるとすれば、それは人の心だ]]」という言葉、PS版以降(GBA版を除く)はダオスのものということになっているが、原作のSFC版ではエドワードのセリフだった。
+-クレスとミントが顔を見てびっくりするほど孫のトリニクスと似ている。
+
 #right(){&link_up(▲)}
+----