緋凰絶炎衝(ひおうぜつえんしょう)

+目次

概要

緋凰絶炎衝とは、鳳凰天駆で攻撃した後、着地と同時に敵陣を駆け抜け、噴き出す炎で攻撃する技のこと。
初出はEのリッド・ハーシェル。
かつては主人公専用の秘奥義という印象が強かったが、近年は主人公のライバル兼親友ポジションのキャラに採用される傾向がある。
北米版の表記は「Burning Phoenix」である。

登場作品

ファンタジア(クロスエディション)

-
分類 Dタイプ 属性
HIT数 3 消費TP 100
威力 詠唱時間 -
習得条件 称号「おうぎでんしょう」所持
発動条件 鳳凰天駆系の奥義を全て習得
武器を装備している
その戦闘中にHPが全回復したことがある
HPが最大値の1/4以下(POWERの字が出ているとき)に←or→+○+□+×を入力する
使用後はHPを全回復するまで使用不可
発動中、呪文、物理攻撃に対して無敵
Dタイプの技であらゆる技をキャンセルして発動が可能
全段必中、対象の無効属性無視、気絶確定(耐性無視)、対象の重量を1にする
Xでエターニアから逆輸入された。
火属性であるものの、明らかに桁一つ間違えたような凄まじい威力を誇る。
HIT数はクレスの秘奥義中最低で割とあっさり終わる。威力自体は他2種と同等。
バグか仕様か敵の重量を強制的に1にする効果があり本来浮かない重量4以上の敵(フェザーダオスなど)が浮くようになる。
完全な単体攻撃で他作品のように雑魚集団を薙ぎ払うような使い方が出来ないのは残念。
何故かなりきりダンジョンXでは使えない。
ちなみにこの緋凰絶炎衝を使う際、クレスはリッド式鳳凰天駆(後方へ上昇後、地面へ突進)から駆け抜ける。なので、普段クレスが使っている鳳凰天駆とは違ったモーションから発動されている。

台詞(ランダム)
トドメだ! 喰らえ! 燃え上がれ!紅蓮の刃!!
覚悟!!燃え上がれ!紅蓮の刃!!
行くぞ! 喰らえ! 燃え上がれ!紅蓮の刃!!

リメイク版デスティニー

-
分類 ブラストキャリバー 属性 斬、火
HIT数 8 消費BG 1
威力 1896(敵がボス特性アリだと1738) 詠唱時間 -
習得条件 ハーメンツのセインガルド兵士との戦闘の2戦目で習得
発動条件 BGが1以上で敵が仰け反っており、かつ自分が空中にいる時にL1もしくは○と×を同時押し
空中でのみ使用が可能、BGが2以上あっても発動可能
1ヒットが物理、7ヒットが術特技で判定される
発動後に硬直が入らない
鳳凰天駆のように炎を纏って斜め下に突撃した後、敵陣を駆け抜けて火柱を上げる。
全BCの中で唯一、空中で使えるBCであり、空中で発動させると例えBCゲージが2以上溜まっていてもこれが発動する。(他の全てのBCは空中では使えない。使おうとしても地上に降りてからになる)
逆に言えば、地上で使うのは不可能。地上で使おうとすると残りBGに応じて皇王天翔翼殺劇舞荒剣業魔灰燼剣のいずれかに変化
空中で使えるだけでなく、思う以上に攻撃範囲が広く、敵との間合いまで取れ、非常に使いやすい。
これを3連発すれば、攻撃範囲の広さと高い威力倍率が相まって非常に効率的に大ダメージを与えられる。
大人数をまとめて攻撃しやすく闘技場など敵が多い戦闘では重宝する。
逆に難点として、斬と火の2つの属性を持つため、終盤になると敵の耐性に引っかかりやすい点が挙げられる。
対策としては、地上BCのうち、皇王天翔翼業魔灰燼剣は斬の属性を持たない。上手く使い分けよう
オート操作時には全く使用しない。
また、データ上では皇王とは別扱いになっているようで、緋凰を使っても皇王の使用回数にはカウントされない。

ちなみに、緋凰は全HITすると9HIT(威力倍率2133)する。しかし、HIT数をよく見ればわかるが、殆ど9HITはしない。大体は8HIT。それ以下の時も。
なので基本的に緋凰の威力倍率は1896(8HIT時の威力倍率)と考えるべき。ダメージが欲しい時は属性的にも皇王(威力倍率1998)の方が良い。
また、このBCは発動後に硬直が入らない特徴があり、このお陰で更にBCを発動させたり、蒼破刃などから追撃してコンボ継続も可能。
ただし、BCへ連携する場合、通常攻撃など何か別の攻撃を挟む必要がある点に注意(攻撃を当てる必要はない)。もちろん、別な攻撃を挟むと言う事は最低でCCが1必要になると言う事も忘れないこと。
BCに連携できるので緋凰×3や緋凰→殺劇、緋凰→皇王と言った連携も可能。
更には条件を満たしていれば緋凰から隠しBCのレインティブ・オリオンにも連携可能であり、防具のハーモニックアーマーと組み合わせるとBCを組み込んだハメコンボも可能となってしまう。
更に、殺劇や業魔を使うより、そのBCゲージ分緋凰や皇王を使った方が威力倍率は高くなる。
ただ、殺劇は確実に緋凰や皇王で分けて使った方が強いが、業魔に関しては緋凰と属性が異なるため、緋凰や皇王で分けるより業魔1回の方が実際に与えるダメージは上になる場合がある。敵の耐性に注意。

参考  ()内は敵がボス特性を持っている場合の倍率
BG2使用の威力:緋凰×2…3792(3476)、緋凰→皇王…3894(3440)、殺劇→3192(1512)、レインティブ→3984(3984)
BG3使用の威力:緋凰×3…5688(5214)、緋凰×2→皇王…5790(5178)、緋凰→殺劇…5088(3250)、業魔→3930(3668)、緋凰→レインティブ…5880(5722)
あくまで参考。完全に威力倍率のみのデータで、味方の攻撃関係の能力値や敵の防御関係の能力値、敵の耐性や弱点などは無視している。

台詞
うおおおおぉぉッ!
緋凰絶炎衝!焼き尽くせ!

エターニア

-
分類 秘奥義 属性
HIT数 消費TP 50
威力 詠唱時間 -
発動条件 鳳凰天駆の使用回数が{5-リッドの連携数)×50+50}以上
上記条件を満たしてTPが50以上ある時に鳳凰天駆後、
下降部分がヒットした際鳳凰天駆を再入力
発動中、晶霊術、物理攻撃に対して無敵
鳳凰天駆から派生するリッドの秘奥義。
鳳凰天駆の後、敵陣を駆け抜けて火柱を上げる秘奥義。
条件が比較的緩く、発動中は無敵の為、これを連発するだけでほぼ事が足りてしまう。
発動条件を満たした場合、鳳凰天駆で下降するときにリッドの背後に波動のようなものがでるエフェクトが追加される。

台詞
緋凰!絶炎衝!

使用者:クレス(敵)
-
分類 秘奥義 属性
HIT数 消費TP -
威力 詠唱時間 -
発動条件 難易度マニア時に鳳凰天駆がヒットする
発動中、晶霊術、物理攻撃に対して無敵
戦闘ランクをマニアにすると鳳凰天駆から連携して使用する。カットインは冥空斬翔剣と同じ。

台詞
負ける、ものかああああ!!

+発動時の演出

アビス(北米版、3DS版)

-
分類 秘奥義
-Divine Skill-
属性
HIT数 消費TP -
威力 詠唱時間 -
発動条件 難易度マニア時に鳳凰天駆から発動
発動中無敵、使用回数制限なし
戦闘ランクマニア以降、鳳凰天駆から派生するリッドの秘奥義。北米版のテロップには「-Divine Skill-」と出る。
リッドが斬り抜けた軌跡が爆炎を起こす。原作よりヒット数が増えた。
2Dテイルズにて猛威を振るったこの技も3Dでは凡なる直線攻撃に。爆炎部分は火属性。ガード可能。
使用回数に制限がないらしくかなり高い頻度で何度も使用してくる。
難易度の関係上、かなりのダメージを受けるのでフリーランで確実に避けたい。

台詞
緋凰!絶炎衝!

+発動時の演出


ヴェスペリア(PS3版)

-
分類 特殊変化 属性
HIT数 消費TP -
威力 詠唱時間 -
発動条件 鳳凰天駆のカウントが200以上の時、
オーバーリミッツLv1時に鳳凰天駆再入力※
鳳凰天駆の着地時から3フレームの間(1フレーム=1/60秒)
(鳳凰天駆中、一度でもボタン入力すると出ない)
フレンが発動できる特殊技。
発動するための入力時間が短く失敗しやすい。
攻略本には発動条件はオーバーリミッツLv3と誤記されている。
「オーバーリミッツ中でないと出せない」という点はバーストアーツと共通しているのだが、
発動してもGRADEにバーストアーツ使用時の加算はつかない。

台詞
緋凰、絶炎衝!

+発動時の演出

グレイセスf

習得者:リチャード
100%アクセルモード発動後、連携中にL1。
限界を突破して駆け抜ける、緋き鳳凰。
分類 秘奥義Lv4 特性 鳥、飛行、火傷
HIT数 14 CC -
威力 2500~4500 詠唱時間 -
習得条件 称号により習得
威力は使用回数で10上昇(使用回数200回で4500)
fで追加されたリチャードのアクセル秘奥義。
マイソロと異なり、鳳凰天駆部分はない。エターニアと同じ。
分厚い巻き込みなど、本来の性能が再現されている。
Lv4の割りに、演出がLv3より地味。
その代わり、hit数は歴代緋凰の中で最大に。

台詞
一瞬で決める!
この技で沈め! 緋凰、絶炎衝!!

TOWレディアントマイソロジー2

習得者:双剣士
-
分類 秘奥義 属性
HIT数 消費TP 1
威力 4500 詠唱時間 -
習得条件 Lv45
発動条件 奥義の発動中○を入力する
威力は物理攻撃力依存
着地後の駆け抜け以外は敵全体にヒットする。

発動時台詞(ボイス設定により違う)
これがディセンダーの力!!

TOWレディアントマイソロジー3

習得者:双剣士
-
分類 秘奥義 属性
HIT数 消費TP 1
威力 4500 詠唱時間 -
習得条件 Lv45
発動条件 奥義の発動中○を入力する
威力は物理攻撃力依存
着地後の駆け抜け以外は範囲攻撃。2と違い、全体ではない。
進行上の矛盾と傭兵用にか、アイアムディセンダー発言はしない。

クレストリア

リッドの秘奥義として公開されている。

関連リンク

関連技

ネタ