ミトス

+目次

シンフォニア

「ボクはミトス…といいます。村の外れに一人で暮らしていました…」
年齢:14歳(外見年齢) 性別:男性
身長:153cm 体重:41kg
声優:高山みなみ
職業:???
焼き尽くされた村でただ一人生き残っていた物静かな少年。
見た目はハッとする程美しく、漂う気品は周りのものを惹きつける。

+ネタバレ
その正体はかつての古代大戦の英雄ミトス・ユグドラシルその人である。
この姿はクルシスの指導者ミトス・ユグドラシルが、クルシスの輝石を外すことで
輝石によって成長の停止したこの姿に戻っている。
逆に言うと、ユグドラシルの姿はクルシスの輝石を使って体内時間を動かし、
「クルシスの指導者としてふさわしい姿」としてとっている。
ヘイムダール出身のハーフエルフであったが、
カーラーン大戦が始まるとその出生から忌むべき者とされ姉マーテルと共に追放処分を受けた。
大樹カーラーンのマナの所有権を巡ってシルヴァラント王朝とテセアラ王国の間で行われたカーラーン大戦を停戦させるため、
テセアラの騎士団長だったクラトスとシルヴァラントの騎士ユアンを仲間に加え奔走した。
村に帰るために姉マーテル、クラトス、ユアンの三人の仲間と共にカーラーン大戦を終結させた。
その後は大戦により大樹カーラーンが朽ち果てようとしている時に地上に残ったマナである種子
「大いなる実り」と世界をデリス・カーラーンの接近による発芽まで守ることを使命とした。
大いなる実りからにじみ出る僅かなマナだけで世界を存続させるためにオリジンに与えられたエターナルソードを用い世界を二つに分断。
100年周期で近づく彗星デリス・カーラーンが再び地球に近づく100年後を待つために四英雄は天使化した。
彗星の接近時、二つの大国の指導者たちはマナの独占のために大軍をひきいたが、マーテルの犠牲により、からくも大いなる実りを守ることができた。
しかし姉マーテルを失ったことでミトスは激怒、その場にいた人間を消滅後に大いなる実りと姉マーテルの精神を融合、
「天の機関」クルシスを立ち上げ今の「シンフォニア」の世界を創り上げる。
その後は「天の機関」クルシスの指導者ユグドラシルとして二つの世界を影から支配しながらディザイアンを率いてエクスフィアを生成、無機生命体による千年王国の樹立を目指す。
その一方で姉の代わりの肉体としての神子を求めるようになり、4000年間にわたって器となる少女を「世界再生の旅」へ旅立たせた。
オゼットを攻撃した理由はアルテスタへの制裁ではなく、人の身でエターナルソードが使えるようになるエターナルリングの製造に必要な神木を消すためであったらしい。
ちなみに、その際一般人を装いロイドたちに同行するが、その理由は「クラトスを裏切り者にさせた息子がどんな奴か身近で確かめたかった」とファンダムVol.2で語っている。
コレットの代になり姉の精神を神子に移すことにようやく成功するも、姉マーテルから拒絶を受け発狂したミトスはデリス・カーラーンに大いなる実りごと地上を去ろうとする。
最終的にロイドたちに敗れた後クルシスの輝石をロイドに砕いてもらい、消滅した。

ファンダムVol.2

年齢:14歳 性別:男性
身長:153cm 体重:41kg
職業:魔法剣士
声優:高山みなみ
後の世で英雄と称えられるハーフエルフ。
差別のない世界をめざし、3人の仲間と共に旅をするが…

レイズ

「リフィルさんを巻き込むのはボクが許さないよ。大切な同族だからね」
ロイドたちに助けられたミトスは、
同じハーフエルフであるジーニアスたちがロイドら人間と
行動を共にしていることに戸惑う。
ジーニアスはロイドを友だちだと言い、
ミトスもまた友だちだ、と断言した。その言葉に礼を言うミトス。
小さな友情が芽生えたかに見えたが……。
  • レイズ配信1週年記念イベント「攻略戦 ミトス・ユグドラシル」にて先行配信キャラ扱いだった。

+ネタバレ
9章前編のラストで登場。
姉マーテルの復活を望み、救世軍に加担している模様。
第12章ではイクス達の前に姿を現すも、カノンノ・イアハートのだまし討ちにやられたふりをしてビクエの魔鏡を奪った。
四幻将としての通り名は「飛天のミトス」。
ミラージュプリズン編ではアスガルド帝国側に属しマーテルの復活をメルクリアに叶えてもらうも、
7章「解放されし魔眼の使い手」でメルクリアを裏切ってミリーナたちの側につく。

添付ファイル