その他キャラ(レイズ)

  • フリーセル…救世軍の幹部の一人で、フィリップの親友だった。
    • ファントムに殺されているので作中開始時点では故人。


  • ルック…救世軍の兵士の一人で、マークをリーダーとして慕っている。カノンノを「マークの妹」ということにして保護していた。
    • 「ここは俺に任せて先に行け!」を地で行った人物。なお、1部終章以降登場していない。
    • イベント「カジノミッドナイト」でちょい役だが再登場。


  • カーディ(声優:ユーリ)…ているずおぶざれいず劇場のみのキャラクター。
    • 5話にて登場するローウェルPが羽織っていたピンクのカーディガン(+グラサン)。ローウェルPに代わる新たなPを探している。


  • バルド…リビングドール計画でフレンの身体に宿っている人物。元々はビフレスト皇国のウォーデン皇子の親友で親衛隊長だった。
+ネタバレ
  • 当初ミリーナたちには「フレンの身体を乗っ取っている」と思われていたが、フレンの人格とは共存…もとい共犯者の関係であったことが2部11章で明かされる。
    • 彼はリビングドール計画をよく思っておらず、ミリーナたちに協力することでリビングドール計画を阻止しようと考える。ビフレストの人間でありながらメルクリアを裏切る選択である。
    • ラムダファントムの身体から出てアスベルの身体に移った後はフレンの身体からファントムの身体に移った。
    • 2部終章ではイクスの救出のために協力し、死の砂嵐へと戻った(死者に戻った)。

  • チーグル…今作ではリチャードがこう呼ばれているが…?
+ネタバレ
  • リビングドール計画でリチャードの身体に宿っている別人で、自身を「高貴なる北方の虎」と称する。やはりビフレスト皇国の人間。
    • 一度はミリーナたちに捕虜として捕らえられるが、ミリーナたちがリチャードとチーグルを分離する術を探るためスピリアを開いていたことで彼らの拘束を徐々に解き、再びリチャードの身体の主導権を奪いケリュケイオンを魔の空域へ飛ぶように航行経路をいじった挙げ句、アスガルド帝国へ戻ってしまう。
      • 3部1章によると「ビフレストの黒き虎」ドンナー卿というのが本名。しかしデミトリアスには「チーグルで結構」と言っている。

  • ローゲ…リビングドール計画でバルバトスに宿っている人物。ビフレスト皇国の臣下だった時は非常に有能な人物だったが、狙った獲物は簡単に諦めない性格。
+ネタバレ
  • ナーザによるとミリーナ陣営の情報を何者かから得ており、それによってバルドがメルクリアを裏切ろうとしていることをすでに知っていた。
    • 生前からバルドを快く思っておらず、ラムダをルキウスの身体からファントムの身体に移し彼の計画を妨害しようと企てる。
    • メルクリア曰く、逆にチーグルとは「友」であるらしい。
    • 3部5章にてイクスたちによってバルバトスの心核が本人の肉体に返還。人工心核が取り外されたためローゲは死の砂嵐へと戻った(死者に戻った)。

  • グラスティン・ライサンダー…3部4章で突如現れた。「黒髪の坊やはコレクションに加えよう」「坊やとマクスウェル以外は殺しても構わん。」発言からして変態。
    • イベント「カジノミッドナイト」でも登場。上述の死んだ「フリーセル」の名前を利用しておびき寄せたフィリップを標本にしようと狙っているが…?
    • 元々はデミトリアスやフィリップ、「あの女」の学友だったらしいが、変態そのもの。アニマ汚染で醜くなった己の姿を嫌っているため白いローブで顔を隠している。
      • 3部開始前にデミトリアスが治療を施したことでアニマ汚染による植物状態から復帰、数ヶ月の間に具現化世界の特異要素を研究してデミトリアスの野望を叶える手段を見つけ出す優秀な魔鏡学者・技師。…実験の被験体となる人間又はその死体を「肉」と呼んで憚らないマッドサイエンティストだが。
    • 3部5章では「黒髪の美しい人間を標本として収集する悪癖」が具体的に描写され、ジュニアやコハクにも気色の悪い言動を示していた。
      • ジュニアは3人目のフィリップということで特にターゲットであり、3部6章では彼を守っているリヒターアステルをネタにして呼び出し昏倒させ、リビングドールβの実験台にして邪魔者を消すなど目的を達するためなら容赦ない性格。