FR‐LMBS(フレックスレンジリニアモーションバトル)

+目次

概要

TOSの戦闘システム、ML‐LMBSをベースに細かな変更が施されたLMBS

アビス

ラインを無視して3Dフィールドを移動できるフリーラン、術の発動場所を任意に指定できるフリーターゲット、
フィールドに発生する属性の力場上で特定の技を使う事で技が変化するFOF(フィールドオブフォニムス)
などが特徴。
それ以外に、オーバーリミッツの任意発動が可能になるなど自由度が増している。
キャラがアイテム使用を提案し、却下しなければ自動的に使用する、アイテムリクエストという機能もある。
シンフォニアで出来なかったことや要望にあったものを多々取り入れ、実現したシステムと言えよう。
そういった点で純粋なML‐LMBS?の進化系と言える。

TOWレディアントマイソロジー

ラインを無視して3Dフィールドを移動できるフリーラン、
オーバーリミッツの任意発動は健在。
FOFはなくなったものの、仲間全員で技を繰り出すユニゾンアタック(TOS)が代わりに搭載。
(組み合わせによる特殊技への変化はなくなったが)
また、シンフォニア同様「系統」が存在しており、間に別系統を挟まないと同じ系統に分類される技での連携ができないという特徴がある(散沙雨→秋沙雨はできない、散沙雨→虎牙連斬→斬光時雨など)。

TOWレディアントマイソロジー2

ラインを無視して3Dフィールドを移動できるフリーラン、
オーバーリミッツの任意発動は健在。
FOFはなくなったものの、一方的にコンボを入れることが可能な「インフィニティジャム」(TOI)が代わりに搭載。
その他、基本的な方向性を示す「基本行動」と、行動要素を細分化した「優先行動」により、
プレイヤーの意向に近い行動をCPUキャラにさせることが可能な作戦設定が加わり、
またルカとイリア、スパーダに限り下通常攻撃で敵を浮かせて少しだけながら空中コンボができるなど、
どちらかというとTOIに近いシステムになっている。
今作では「間に別系統を挟まないと同じ系統に分類される技での連携ができない」という特徴はなくなったので、散沙雨→秋沙雨→斬光時雨など同系統での連携が可能。

TOWレディアントマイソロジー3

ラインを無視して3Dフィールドを移動できるフリーラン、
オーバーリミッツの任意発動は健在。
FOFはなくなったものの、OVLゲージを消費してTP無消費で技連発や無詠唱による術が可能になる「レディアント・ドライヴ」(RD)が代わりに搭載。
その他、基本的な方向性を示す「基本行動」と、行動要素を細分化した「優先行動」により、
プレイヤーの意向に近い行動をCPUキャラにさせることが可能な作戦設定が加わり、
またルカとイリア、スパーダに限り下通常攻撃で敵を浮かせて少しだけながら空中コンボができるなど、
TOIの要素とTOVの要素を若干取り入れたシステムになっている。


関連リンク

関連項目