スキット

概要

スキットと言う名称になったのはシンフォニアから
それ以前はチャットと呼ばれているが、最近の作品でもチャットと呼ばれている
フィールドで発生条件を満たした際にSELECTを押すことで見られる
出演キャラクターによる掛け合いのことである
各作品によっては発生条件の他に発生時期などもあり、
また特定のスキットを見なければ得られない称号なども存在する

各作品における内容。

シンフォニア

シリーズ初のスキット。今までのチャットと違い、スキット名が表示されるため何時どんなスキットが見れるかが一目で分る様になっている。

レジェンディア

本作のスキットは「フリースキット」と「イベントスキット」の2種類に分けられている。
また、これまでのシリーズではスキットの際のキャラクターは正面を向いていたが、本作では横向きとなっている。
フリースキットは従来と同じものだが、条件を満たした際にしか発生せず、総数もシリーズ全体からすると少ない。
他作のテイルズとは異なり、「シナリオ進行に関連した内容のスキットが一切無い」ことも挙げられる。
今作ではそうした他作でスキットやサブイベントに盛り込まれていた内容を全て本編のシナリオ進行に
注ぎ込んでしまったというのが一番大きいだろう。
イベントスキットはその名の通りイベント中に発生するスキットで、サブキャラクター、敵キャラクターも登場する。

イノセンス

ヴェスペリア

ハーツ



関連リンク

関連項目