ジルバ・マディガン

年齢:37歳 性別:女性
身長:175cm 体重:58kg
種族:ガジュマ
声優:真柴 摩利
アガーテ女王の信任厚い側近で、アガーテの幼い頃から、ずっと側に仕えてきた。
母親のいないアガーテにとっては乳母とも言える存在で、何でも相談できる相手であると同時に、
時に厳しい教師でもあった。
その名残か、アガーテが王位を継承した後も、非公式の場では「姫様」と呼ぶ。
アガーテにとってはなくてはならない存在であり、
父王ラドラスの急逝によってにわかに王の重責を負う身となってからは、
公私共にますますその役割は大きくなっている。
ジルバ自身、その辺りをよく理解しており、
まだまだ未熟な女王の負担を少しでも軽減しようと努めている。

+ネタバレ
一連の事件の黒幕。
「月のフォルス」でドクター・バース(アニーの父親)の体を乗っ取りラドラス王に毒を盛りラドラス王を衰弱させた。
「ラドラスの落日」でラドラス王が死亡すると、その次に邪魔となるユージーンの殺害を目論む。
ドクター・バースの体を乗っ取って彼を殺そうとして逆に刺されてしまったのだが、
元の体に戻りドクター・バース殺害の汚名を着せることで彼を追放することに成功した。
ドクター・バース殺害の容疑でカレギア軍を追放されたユージーンに代わり、王の盾の隊長になることに成功。
ユージーンの軍追放後はヒューマの身体を欲しがるアガーテに助言として「ゲオルギアスの復活」を吹き込む。
ゲオルギアス復活事件でのアガーテの行方不明後はカレギア王国の実質支配者として君臨し、
ゲオルギアスの復活によるヒューマ殲滅、ガジュマだけの理想の国カレギアを築こうとするが
ヴェイグたちにより阻止され死亡した。


添付ファイル