ヴェスペリア概要


テイルズ オブ ヴェスペリア(Xbox360版)

対応機種:XBOX360
発売日:2008年8月7日
固有ジャンル:「正義」を貫き通すRPG
主題歌/歌手:鐘を鳴らして/BONNIE PINK
メインキャラクタデザイン:藤島康介
開発:テイルズスタジオ
初回予約特典:テイルズチャンネルDVD -ヴェスペリアチャンネル篇-

テイルズ オブ ヴェスペリア(PS3版)

対応機種:PS3
発売日:2009年9月17日
固有ジャンル:「正義」を貫き通すRPG
主題歌/歌手:鐘を鳴らして/BONNIE PINK
メインキャラクタデザイン:藤島康介
開発:テイルズスタジオ
初回予約特典:プロダクトコード(ユーリ、エステル、フレンのTOA衣装称号のDLが可能) + 「テイルズオブバーサス」スペシャルバトル先行ダウンロード
  • XBOX360版の移植完全版。
  • 新キャラクターの“パティ・フルール”が追加。それに伴いOP等のムービーシーンに変更あり。
  • フレンがパーティに加入する回数が増加。最終的に永続加入。
  • フレンの装備が変更可能に。スキルも習得可。パーティートップも可能になった(ついでにラピードも) 。
  • メインシナリオ部分をすべてフルボイス化。 (台本はXbox360時に収録したものの倍はあったとのこと)
  • 新たなイベントシーンやサブイベント、シークレットミッションも追加。
    • その他、新術技や秘奥義、隠しダンジョンを追加。
  • スキット台本一冊分追加。追加収録の台本がXbox360版の倍程度(箱版での声ありセリフの一部も台本に収録らしい)。
  • キャラが2人増えることにより、ストーリーの流れが多少変更。既存イベントもカメラワークが良くなるように調整。
  • イベントスキップができるようになった。(スタートボタンでポーズした後に△ボタンでスキップ可能)
  • マニュアルモードで、通常攻撃や技をフリーランでキャンセルできる様になった(マニュアルキャンセル)。これにより硬直の長い技の隙を消せるように。
  • スペクタクルズでサーチした敵のステータスを、ターゲット選択してる時にL1を押すといつでも見れるようになった。
  • 味方AIが向上。(例えばエステルが敵に突っ込むなどが減少した)
    • 敵はリカバリングを多用するようになった(ハメにくくなった)。
  • 攻撃時のSEや敵を倒した時のSE(破裂音から爆発音へ)が変化した。
  • 闘技場に団体戦が追加された。『魔狩りの剣』チームや歴代キャラ4人のドリームチームなどと戦える。
  • 新規のミニゲーム、ボーダーラピード(ラピードが雪原を走ってTA を競う)が追加された。
  • SMを取り逃した際の救済措置として300チップを払うと過去に戦ったボスと何度でも戦える。
    • 一部のSMのみ、期間限定のアイテムが絡むので再挑戦できても取得できない場合も存在。
  • アイテムを取得した際に、下にアイテムのグラフィックと説明文が表示されるようになった。
  • 新アイテムが追加、既存の武器もスキル変更・追加がされている。

テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER

対応機種:PS4、Xbox One、STEAM、Nintendo Switch
発売日:2019年1月11日
キャッチコピー:それぞれの「正義」が今"再び"動き出す
主題歌/歌手:鐘を鳴らして/BONNIE PINK
メインキャラクタデザイン:藤島康介
開発:テイルズスタジオ
早期購入特典:「スペシャルドラマチックスキット ~祝!10周年記念篇~」
  • 基本的にPS3版のHD画質化。
    • なぜかステータス画面→スタートボタン→名前変更はできなくなっている。
  • PS3版の初回購入特典だった「六神将・鮮血の剣士」「第七音譜術士」「聖なる焔の光」、「ケロロ軍曹」以外のDLC衣装が収録。
    • 有料販売されていたアイテムセット、ガルド、LVとキャラごとのカスタムセット(水着を除く本編入手称号、アタッチメント)は任意でストアからダウンロードできる(全て無料)。
  • Xbox360版とPS3版のOPムービーの切り替え機能も付く。なお、Tales of VS連動スキットは収録されていない。