屠龍閃(とりゅうせん)

+目次

概要

屠龍閃とは、炎を上空に巻きあがらせる技のこと。
初出はリメイク版Dのスタン・エルロン。
英語版の表記は「Dragon Slayer」である。

登場作品

リメイク版デスティニー

上空まで発生する炎撃を繰り出す術剣技。
分類 術剣技 属性 斬・火
HIT数 4(空中だと7) 消費CC 2
威力 244(空中だと427) 詠唱時間 -
習得条件 LV18
DC版のみ空中発動が可能
スチールガントレットを装備した状態で空中で屠龍閃を放つと紅蓮剣に変化する
上空に剣を振り上げ、火柱で敵を打ち上げる技。ヒット後はエイミングステップ(消費CC無し)で空中で追撃が可能。
スタンの技の中でも打ち上げ性能が非常に優秀。しかも覚えるのが早いのでボス戦などコンボを途切れさせたくない時に重宝。
上方向、横方向共に思うよりは判定は広い。対空に使ったりもできるし、火柱に吸い込んで打ち上げられる事も。
敵を一切横に動かさず、真上に打ち上げるのでディフィニットストライクの補助にも便利。
しかし、発動前に少し溜めがあるので、初段に使うと潰される事が多い。

DC版では空中発動も可能に。回転蹴りでスタンの眼前に火柱を打ち上げる。判定は上方向のみ。
1ヒット時の倍率はそのままなのに地上よりも3ヒットぐらい増えてる。お陰で全キャラの消費CC2の術技の中でもこの技だけ異様な攻撃力を持つ。
というか、同じ消費CC2の晶術よりも明らかに強く、下手なCC4の技を上回る威力を持つ。おまけに打ち上げ性能、空中コンボに優秀とかなり便利な技。

また、スチールガントレットを装備した状態で空中で屠龍閃を放つと紅蓮剣に変化する
通常版だと屠龍閃は空中だと使えないので便利。
しかし、DC版では屠龍閃が空中発動が可能になった上、しかも空中での屠龍閃は性能面で紅蓮剣を上回る。DC版で装備させるメリットはほぼ無い

上空まで発生する炎撃を繰り出す術剣技。
分類 術剣技 属性 斬・火
HIT数 5 消費CC -
威力 500 詠唱時間 -
HPが50%以下だと更に空中で追い討ちをかけてくる
敵のディムロスも使用。打ち上げる力が異常なほど強く、威力もスタンの空中版の屠龍閃ぐらいある。
また、HPが減ってくると屠龍閃の後に更に空中で追撃してくる為、直撃は避けたい技。

イノセンスR

習得者:ルカ・ミルダ
武器を地面に突き刺し
吹き上げる炎で周囲の敵を焼き尽くす特技
分類 特技 属性
HIT数 1 TP 12
威力 215 詠唱時間 -
習得条件 Lv27
打ち上げ効果
R版追加技。
大剣を地面に突き刺すと同時に猛火が吹き上げる、言わば火属性版の昇煌陣?
剣を突き刺すまでに隙がありかつ1HITしかしないので、コンボには組み込み難い。
対空ならば弧月閃、範囲攻撃ならば真空破斬を既に覚えているので必須な要素もない。
強いて挙げるならば打ち上げ効果のために、鳳凰天翔駆を直後に繋げばコンボになる。
だがそうまでして使う意味は分からない......

台詞
たぁ!

ヴェスペリア(PS3版)

使用者:クリント
上空に剣を振り上げ、火柱で敵を打ち上げる技。

台詞
舞い上がれ!

ハーツ

上空まで発生する炎撃を繰り出す技
分類 思念技 属性 斬、火
HIT数 4 消費エネルギー EG:14→11
CG:21→16
攻撃力 (80→93)×4 詠唱時間 -
習得条件 ランク6(スコルピオス、シャウラ)
浮かせ効果
アステリア・スコルピオス、アステリア・シャウラのいずれかにエボルブした際に
以降ソーマビルドで習得可能となる。斬撃、火属性の思念技。
スタンと同じように上空に剣を振り上げ、火柱で敵を打ち上げる技。
属性などは悪くないのだが、いかんせん技後の硬直が長すぎるのが欠点。
軽い敵ならば、なんとか連発することで浮かせつづけられる程度。
空中への追撃も難しく、かといって地上で連携させようにも打ち上げる際に
敵と少し距離があいてしまうので、踏み込む技を使わないと連携を続けにくい。
どうにも使いにくい印象を受ける技だろう。

台詞
受けてみろ!

ハーツR

上空まで発生する炎撃を繰り出す技
分類 思念技 属性
HIT数 5 TP 15
威力 250(50×5) 詠唱時間 -
習得条件 純真+闘志の合計Lv16
浮かせ効果
ソーマを振り上げると同時に、火炎流が上空へ向かって吹き上げる。
当たった敵は多段HITしながら徐々に浮き上がるため、次の追撃を当てやすい。
なお緋凰絶翔斬を直後に繰り出すと、倍の高さにシングの頭上まで持ち上がる。
これは丁度雷迅牙絶翔斬の射程だったりする。

台詞(偶数回)
やらせるかッ!

TOWなりきりダンジョンX


TOWレディアントマイソロジー

技数制約の関係か、2以降では使用しない。


関連リンク

派生技

関連技

ネタ


添付ファイル