フィアフルフレア(ふぃあふるふれあ)

+目次

概要

フィアフルフレアとは上空から火炎弾を降らす術。
初出はDのディムロスとクレメンテ。

登場作品

オリジナル版デスティニー

火炎弾を連続で発する
分類 晶術 属性
HIT数 消費TP 40
威力 詠唱時間 3.59秒
習得条件 Lv25

火炎弾を連続で発する
分類 晶術 属性
HIT数 消費TP 40
威力 詠唱時間 3.57秒
習得条件 Lv28

リメイク版デスティニー

上空から無数の火炎弾を打ち出す晶術。追加効果で敵を熱毒にする。
分類 晶術 属性
HIT数 6 消費CC 4
威力 798 詠唱時間 2,67秒(160F)
習得条件 Lv40
熱毒の追加効果アリ
空中発動でレイジングフレアに変化
上空から火炎弾を降らす術。熱毒の追加効果を持つ。
しかし、スタンの場合はデバイスのポイズンで全ての攻撃に熱毒の追加効果を付加できる為、別に嬉しい効果ではない。無いよりはマシ程度。
火炎弾が降り注ぐまでに若干の間が空くので、小さい敵や動きの早い敵には非常に当てにくい。
ちなみに、敵によっては火炎弾が1発につき2ヒットする。こうなるとビッグバンと同レベルの威力になるので、狙うのも良いだろう。
しかし、この術の最大の強みは、やはり空中晶術のレイジングフレアに変化する点。
Lv46でフレアトルネードを覚えるまでの短い期間だが、それでもありがたいだろう。


上空から無数の火炎弾を打ち出す晶術。追加効果で敵を熱毒にする。
分類 晶術 属性
HIT数 6 消費CC 4
威力 798 詠唱時間 2,67秒(160F)
習得条件 Lv33
熱毒の追加効果アリ
空中晶術の使用が不可能な点を除けばスタンと同じ。
フィリアはポイズンのデバイスを持たないが、熱毒はそこまで恩恵のある効果でもないので、わざわざ狙う必要はない。
もっと優れた性能を持つフレアトルネードを既に習得しているので、特に使う必要はないだろう。

エターニア


シゼル(ネレイド)限定の術。
発動されると数秒間火球が降り注ぎ、まともに動く事も困難になる上、シゼルは縦横無尽に動き回ると言う理不尽性能。

イノセンスR

上空から闇色の火炎弾が降り注ぎ
命中した相手を一定確率で毒にする初級術
分類 初級術 属性
HIT数 7 消費TP 6
威力 詠唱時間
習得条件 Lv13
一定確率で毒の追加効果
彼のみが習得する術の一つ。ちなみにプレイヤー側としてはデスティニー以来の登用である。
闇色の火炎弾を降らす術。毒の追加効果を持つ。
『闇』色ではあるが、別に火と闇の複合属性というわけではない。
威力は習得レベル相応で低く、毒の発生する確率もかなり低い。
小型の敵では与えられるダメージがさらに低くなることも。
毒の発生を期待してこの術を連発するよりも、他の術を使用した方がいい。
ファイアボールスパイラルフレアをラーニングした時点で用済みとなる。

詠唱
天に集いし炎よ、恐怖と共に降り注げ! フィアフルフレア!!

レイズ

上空に作り出した魔法陣から5つの火炎弾を撃ち出す術
分類 術技 属性
HIT数 消費CC 6
性質
基礎威力 731 詠唱時間
習得条件 鏡装「煌めく浜辺の上で エリーゼ」を入手
秘技 4連携目以降で発動すると「ディスペアフレア?」に変化
強化1 MG増加量が10%上昇
強化2 敵の鋼体を2発分追加で削る
強化3 MG増加量が10%上昇
強化4 ダメージ10%上昇
強化5 MG増加量が10%上昇
X及びX2では習得しなかったが、本作で新たに習得。
闇属性でなく火属性なので、これを入れておけばより弱点を突きやすくなる。


関連リンク

派生技

関連技

ネタ