精霊(せいれい)

+目次

登場作品

ファンタジア

万物に宿り、その力を司るとされる存在。
マナを糧に悠久の時を生き続け、生息場所付近を守護すると同時に、魔術書を守っている。
契約の指輪を用いて契約を交わすことで召喚が可能となる。

シンフォニア

二つの世界を支える根源であると同時に「楔」となる存在。
マナの元素を司る精霊たちの存在によってシルヴァラントとテセアラは支えられており、双方の世界に対の関係に分かれる形で封印されている。
マナは精霊が眠る世界から目覚めている世界へ流れ込み、精霊が目覚めている世界は繁栄する。精霊が目覚めることにより繁栄と衰退が逆転する。
精霊たちはそれぞれ陰と陽の二つの要素を神子の世界再生によって交代で受け持っている。
ただ一人対の存在を持たぬマクスウェルのみは封印の楔にされず、楽園エグザイアにて地上を追われたハーフエルフ達を守っているという。

レジェンディア

世界を構成する根源要素が、意思を持って具現化した存在。
火を司るイフリート、氷を司るセルシウス、地を司るノーム、
雷を司るヴォルト、光を司るレム、闇を司るシャドウの計6体が存在する。
キャラクタークエストのラストで力を取り戻したグリューネの手によって具現化させられるまで、
この世界に精霊という存在は無く、それが世界を一層不安定にしていた。
精霊は世界を安定させるという使命と能力を持つが、作中における精霊たちは自らの身体を
具現化させられるほどの力すら持たず、ましてや世界に干渉できるほどの力はとても無かった。
唯一精霊達と意思の疎通を図ることの出来るグリューネは、彼らを構成する元となる要素を
「種」と呼んで保護し、植えるという行動で大地に対する干渉を促し、この世界に具現化できるようにするための手助けをしていた。
のちに、対存在を倒したことにより自らも消え行くことになったグリューネは、最後の力を使って精霊を誕生させ、この世界の未来を託したという。

ヴェスペリア

始祖の隷長の死んだ姿である聖核がエステルの満月の子の力(リゾマータの公式)にて干渉されて誕生した存在。
エアルをマナに再構築するエアル変換術式を作るはずだったのだが、聖核に眠る始祖の隷長の意思が術式に宿ってしまった。
つまり、意思を持ったエアル変換術式が完成した。
火を司るイフリート、水を司るウンディーネ、地を司るノーム、風を司るシルフの4体がいる。
精霊という名は「物質の精髄を司る存在」として、ユーリが名づけた。
エンディングに際して魔導器となっていた聖核・魔核の欠片たちが転生、微精霊となる。

エクシリア

人間が脳の「霊力野(ゲート)」と呼ばれる器官から発するマナを糧として生きる存在。
精霊は、人間からマナを受け取り、その見返りとして精霊術を発動させる。
また、大地、海、植物の発育など自然現象を引き起こすと自然はマナを放出するのでそのマナも糧としている。
精霊は力の大きさで2つに区別され、力の小さいものを微精霊、大きな力をもつものを大精霊と呼ぶ。
大精霊は特定の属性を司っているのが特徴である。
火を司るイフリート、水を司るウンディーネ、地を司るノーム、風を司るシルフの4体を「四大精霊」「四大(しだい)」と称する。
そんな精霊たちを、太古から束ねる主は、根源たる元素を司る精霊マクスウェルであると言われている。
精霊が何らかの方法で実体化しない限り、人間がその姿を捉えることは不可能とされており、
人間界で精霊が実体化するには媒体が必要。
ウンディーネの場合は水で、元素のマクスウェルは人間の体が必要とされている。

+ネタバレ
精霊は長命の存在だが、決して不死ではない。
寿命を迎えたり、外的要因で体を構成するマナを失うと命を落としてしまう。
作中ではアルクノアがもたらした黒匣の影響により、体を構成するマナを失って死ぬことが多い。
死んだ精霊の体は精霊の化石に、魂は記憶と人格を消して転生する。
これは大精霊も同様だが、大精霊の場合はすぐに新しい大精霊が生まれ役割を引き継ぐため大精霊そのものの存在が失われることはない。
感覚的には通常の死と同じなのだが「大精霊という“存在”が重要なのであって、生まれ変わる事自体何の問題も無い」とのこと。
また、引き継ぎは現存する精霊にも可能で本編ではマクスウェルからミラ=マクスウェルに役割の引き継ぎが起きた。
精霊はマナの循環において重要かつ欠かせない存在なのだが精霊文化のないエレンピオスは精霊の存在することすら理解しておらず、黒匣で精霊を殺すこともエネルギー源がなくなって自然も衰退してる程度の認識である。
そのため黒匣の乱用により微精霊は激減している。
ちなみに本編中では登場しないが関連書籍には「エレンピオスにレムやシャドウ、アスカといったシリーズおなじみの精霊も存在する」、「エレンピオスには伝説として、多くの精霊とともに「精霊王オリジン」の伝承が存在するんです。」のような説明がある。

エクシリア2

マナを糧として、世界のマナを循環している存在。
前作に登場した大精霊マクスウェル、イフリート、ウンディーネ、ノーム、シルフ、ミュゼ、ヴォルト、セルシウスの他に、シャドウ、ヴェリウス、プルート、アスカ、クロノスオリジンが登場する。

+ネタバレ
前作で人間界と精霊界を繋ぐ唯一の道世精ノ途が消滅したため生きたままの人間界と精霊界の行き来が困難になっている。
元々必要としていなかったミュゼは問題ないが、四大精霊はミラの社のように霊勢が安定した場所でなければ長時間の具現化が不可能になった。
マクスウェルであるミラは外法ではあるが、ミュゼの力を利用して人間界に自主的に出現し、世界を満たしているマナを消費して長期間の具現化が可能。
四大精霊はこの方法で顕現はしておらず、ミラのみである。
また、ミュゼ以上に空間移動能力があるクロノスも問題無く人間界に出現している。

TOSラタトスクの騎士

前作で交わされたしいなと精霊の契約は保持されているはずだが、
今作ではウンディーネ、セルシウス、ヴェリウス、ラタトスクしか精霊が登場しない。

アスタリア

世界を形成する「自然」を司る存在。彼らの大いなる力により自然は循環し、世界は均衡を保っている。自然を構成する様々な属性を司る精霊は「大精霊」と呼称される。
彼らの存在には世界の根源エネルギーである「マナ」が必要不可欠。マナが枯渇すると力が暴走してしまう事がある。
基本的に自分から姿を現しでもしない限り、人間には素質のある一部の人間を除いて、見る事も感じる事も出来ない。例を挙げると、見えるのはミラ。気配が分かるのはクラーススレイ。それ以外の者は何も分からない。
作中で登場している精霊は、火の大精霊イフリート、水の大精霊ウンディーネ、風の大精霊シルフ、土の大精霊ノーム、氷の大精霊セルシウス、雷の大精霊ヴォルト、光の大精霊アスカ、光の大精霊ルナ、闇の大精霊シャドウ、時の大精霊クロノス、根源の大精霊オリジン、次元の大精霊ミュゼ、精霊の主マクスウェル(=ミラ)。

レイズ

現在のティル・ナ・ノーグでは存在するか否かは不明とされていた(後に存在が判明)が、古代には世界を構築していた大精霊が存在したとされている。
その大精霊とは、イフリート(火)、ウンディーネ(水)、シルフ(風)、ノーム(地)、レム(光)、シャドウ(闇)、オリジン(無)で、纏めて七大精霊と呼ばれる。
なお、その七大精霊以外にもセルシウス(氷)、アスカ(光)やクロノス(時)、ヴェリウス(心)などの亜精霊も存在している模様。
アスガルド帝国は精霊を小さなケージに入れて運ぶ技術の実用化に成功している。
また、神依を応用して精霊装という技術を開発している。

+ネタバレ
ティル・ナ・ノーグ中世期、ダーナの巫女にして鏡士の始祖、初代「ヨウ=ビクエ」ことヨーランド・ビクエ・オーデンセと、
彼女と幼馴染であった大海賊にしてオーデンセを救った英雄アイフリードは、
「ティル・ナ・ノーグがいつか魔鏡によって滅びる」という事実を知る。
そこで、召喚士の適性があったアイフリードは、ティル・ナ・ノーグに滅びの危機が迫って来たら
ヨーランドと共に目覚めて彼女に力を貸すように、大精霊に封印を施す。
これが現在のティル・ナ・ノーグから大精霊が消えた真相だった。
その後、本編の時代になって具現化の術が行われた影響で、封印が緩み、精霊が目覚め始める。
この際、具現化された世界に同じ属性を司る精霊がいた場合、それらは全てティル・ナ・ノーグの精霊に統合され
一つになり、具現化された世界での記憶も保持している。
すなわち、ティル・ナ・ノーグの精霊は、自身と全ての具現化世界の精霊の集合体ともいえる。
しかし、具現化先の世界での出来事と、ティル・ナ・ノーグの事はあくまで別問題であるらしく、
ティル・ナ・ノーグの精霊と契約するには、改めてその精霊に自身の力を認めさせる必要がある。
ただし、アイフリードの封印には力の枷の役目もあったらしく、それを解くには相応の数の精霊との契約が必要。
実体化は出来るが、その維持にはアニマを必要とする。
なお、ティル・ナ・ノーグのマクスウェルは「殺された」と言われており、その代わりとしてミラが具現化された。

関連リンク

関連項目

類似項目