冥斬封(めいざんぷう)

概要

冥斬封とは、斬り上げた敵を空中で斬り刻む技のこと。
北米版の表記は「Abyssal Seal」である。

登場作品

グレイセス

斬り上げた敵を空中で斬り刻む。
分類 バースト技
抜刀術
特性 妖魔、斬撃、鈍足
HIT数 6 CC 4
威力 430
440(f)
詠唱時間(秒) -
習得条件 称号により習得
連続使用でモーション変化。
称号による強化により最大で以下の付加効果が得られる。
・ダメージ+15%
・命中率+30%
・「防御力減少」の確率効果
・一定確率:CC1回復
敵を斬り上げ、空中で斬り刻んだ後、地面に叩きつける技。
叩き付け部分で敵がダウンする。
出が速く、ヒット数も多いが、斬り上げがちゃんとヒットしないとアスベルだけが飛び上がってしまう。
また斬り上げがヒットしても敵の重さによって空中でのヒット数が大きく変わってしまう。
重いと敵が浮かずに空中の攻撃が当たらず、軽いと敵が浮き過ぎて空中での攻撃が全段ヒットしなくなる。
連続で使用する2発目は、連続ヒットする黒い気を地面に叩きつける。これも敵をダウンさせる。

台詞
冥斬封!
台詞(fで追加)
冥府に落ちろ!


関連リンク

派生技

関連技

ネタ