ストーリー:ファンタジア

いにしえの昔、魔王有りき。
無双の力を持ちて、あまたの国を脅かさんとす。
人々、恐るること甚だし。 ここに4人あり。
及ばずといえども、その力、尋常ならず。
合い携えて、魔王を倒さんとす。
すなわち、魔の力を用いて葬れり。かの魔王、光とともに消えにけり。
しかれども、滅せず。後の世の憂い、なお、測りがたし‥‥。

ある日、トーティスの村に住んでいるクレスは、幼馴染のチェスターと、南の森へ狩りに出かけた。
ところが、獲物を仕留めて村へと帰ると、建物は破壊し尽くされ、住民は皆殺しにされていた。
クレスとチェスターは、肉親を失い、仇討ちを決意する。
敵の狙いは、クレスのペンダントであり、それこそが、魔王ダオスを復活させる封印の鍵であったのだ。
クレスはチェスターに被害が及ばないように気遣い、単独で行動するが、
ついに捕らえられ、ペンダントを奪われてしまう。
クレスは地下牢に捕らえられるが、不思議な力で脱出に成功する。
そして、同じく囚われていたミントと出会う。
復活の儀式が地下墓地で行われると聞き、クレスはそこへ向かう。
だが、ダオスの復活を止めることは出来なかった。
封印が解けたダオスはクレス達を殺そうとするが、間一髪、時間転移で過去へ飛ばされ、命拾いする。
クレス達はダオス打倒をめざして旅に出る。
そして、クラースやアーチェら仲間と出会いながら、時間を超える冒険を繰り広げる。
はたして魔王ダオスの真の目的は……。