TOSラタトスクの騎士

シルヴァラントとテセアラ。
かつて天の意向により、二つに引き裂かれていた世界は、
ロイドたちの活躍によって、あるべき姿を取り戻した。
そして、遥か昔に滅んでしまった大樹カーラーンに代わり、新たな世界樹が誕生した。

これが、神子コレットによる世界再生である。

一つとなった世界は、新たな時代へ進みだそうとしていた。

だが、世界が一つになったことで、新たな混乱ももたらされた。

大陸の大移動によって、今までの世界地図は機能を失い、
自然環境は大きく変化した。
砂漠化した街に突然降る雪。枯れた湖。
それは世界地図の変化による、自然環境変化の一環であると考えられた。
しかし実は、それらは世界の統合とは別の要因によるものだったのである。

その鍵を握るのは、かつての大樹カーラーンの精霊であった「ラタトスク」である。
ラタトスクは世界に大きな影響をもたらす存在なのだが、
現在はなぜか眠りについた状態にあり、そのために自然界のバランスが
乱れているのであった。

また、自然環境だけでなく、そこに住む人々の間にも変化は訪れていた。
かつて「繁栄世界」であったテセアラと、「衰退世界」であったシルヴァラント。
明らかに文明レベルの違う二つの世界が、突然一つに混じり合ったため、
衝突することも少なくない。
テセアラの人々はシルヴァラントの人々を見下すようになり、
シルヴァラントの人々は、そのような世界を生み出した「再生の神子」と、
彼女を擁立するマーテル教会、そしてテセアラ人に対して反感を覚えるように
なっていた。

世界再生から二年。
異常気象は未だ収まらず、人々の心に不安を植え付けていた。
そんな世界で、とあるレジスタンス組織が勢力をのばし始めていた。

その名は、シルヴァラント解放戦線「ヴァンガード」
反テセアラ、反マーテル教会を掲げ、虐げられたシルヴァラント人を
守るために組織された団体である。

当然のことながら、ヴァンガードとマーテル教会の対立は避けられなかった。
そしてついに、大規模な衝突が起こってしまう。
マーテル教会が「神子への反逆罪」の名目により、
パルマコスタで集会を開いていたヴァンガードを、武力制圧したのだった。
罪も無い人々が多くまきこまれ、パルマコスタは炎に包まれた。

これが「血の粛清」であり、その首謀者は、マーテル教会のロイドとされている。

+第一章詳細
パルマコスタからルインに移り住んでいたエミル・キャスタニエ。
だが、ロイドが再生した街でロイドを非難するような人間が快く思われるはずも無く、
エミルは町人全員(町長除く)に嫌われて孤立していた。
そんなある日、魔物の遠吠えで目を覚ましたエミルは広場にやってくる。
広場で街の住人二人にロイドの像に忠誠を誓うように要求され、
そこで拒否して突き飛ばされる。そこにやってきた謎の男。
彼はエミルを虐めていた二人組を威圧して追い払い、去っていく。
その男にお礼を言おうと追いかけるエミル。
だが結局何も言えず、その男に「勇気は夢を叶える魔法」とアドバイス(?)をされる。
その後男は立ち去ってしまい、エミルは家に戻ろうとするが、
そこで今朝聞いた魔物の遠吠えを聞いてしまう。
なぜか魔物の遠吠えが無視できないエミルは、外に出ようとする。
街を出ようとしたエミルは、自警団と慌てて街に戻ってきたアルバに出くわす。
アルバはエミルを見るなり罵倒するが、横の自警団にヴァンガードかぶれのガキ(=エミル)なんかほっといて状況を聞かせろと言ってくる。
アルバは自警団に、シノア湖の湖底に魔物が現れて自警団が倒されたと伝える。
その後アルバは応援を呼びに行ってしまい、自警団は町長に報告しに行く。
エミルはその隙に街を抜けようとするが、後一歩が踏み出せない。
そこへ魔物の遠吠えが聞こえ、エミルは引き寄せられるように洞窟へ向かう。
湖底の洞窟の入口で、いきなり魔物に襲われるエミル。
応戦するが、魔物の攻撃が激しく、倒される。そこに突然現れた謎の少女。
彼女の助力もあってなんとか魔物を撃破する。少
女はエミルに見覚えがあるようだが、エミルは少女に覚えが無く、その旨を伝えると少女は洞窟の中に入って行ってしまう。
止めようとするが、少女は「危なくなったら、助けてくれる?」とだけ言い残して行ってしまう。とりあえず街に帰ろうとするエミル。
そこで街から出てきた一団と鉢合わせしてしまう。またもエミルを罵倒するアルバ。仕方なく街に戻るエミル。
街に戻ると今度はあの男にお礼を言おうとする。
町長の所に行くと、その男と町長が話をしている最中だった。
男、リヒターは先ほどエミルが出会った少女を探しているようであり、マルタのいる所への案内を引き受けるエミル。
リヒターを伴い洞窟に戻ると、またもアルバがエミルを罵倒するが、リヒターがエミルは道案内で連れてきたと言い、洞窟の入り口を開かせる。
エミルは残るようにアルバに要求されるが、勇気を振り絞ってリヒターについていく。
湖底の洞窟ではリヒターとともに戦い、少しずつ進んでいくエミル。
途中、リヒターを呼ぶ声が聞こえ、リヒターが魔物が中にいるから待っていろと言い残し、エミルはそこで待つ。
だが、その直後にマルタの悲鳴が聞こえる。
エミルは恐怖で足がすくむが、勇気を出して乗り込む。すると、マルタとリヒターが戦っている最中だった。
いきなりの出来事に気が動転するものの、二人の間に割り込んで止めようとするエミル。
一瞬のすきにマルタは奥に行ってしまい、エミルはリヒターの前に立ちはだかる。
だが、アクアが呼び出した魔物に押し出されてしまい、部屋の外で止まってしまう。
それでも向かおうとすると、突然謎の魔物テネブラエが現れ、契約を結ぶようにエミルに言う。契約を結び、ラタトスクの騎士になるエミル。
アクアの呼び出した魔物を倒し、魔物と契約しながら進むと倒れているリヒターを目撃する。
リヒターはロイドにやられたと言い、気絶する。
リヒターは幸い軽症だったのだが、放っておけずにアクアの元に向かうエミル。
アクアを伴いリヒターの所に戻り、アクアにリヒターを任せて奥へと進む。
奥ではマルタとロイドが戦っていた。ロイドにパルマコスタの人をなぜ殺したのか問いかけるエミルだが、ロイドは「また、パルマコスタか」とだけ言う。
その言葉にエミルの怒りは爆発し、マルタと二人でロイドに挑む。
だが圧倒的な力量差で惨敗し、倒される。目覚めた二人の前にはすでにロイドの姿は無く、ルーメンのコアは持ち去られてしまった。ひとまず脱出する一行。
一行が抜けた先はマナの守護塔跡であった。
ロイドの仲間が手引きしたものだと推察するマルタ。
ひとまずルインに戻る最中にラタトスクについてエミルに説明することになり、今の世界の現状を知るエミル。
ルインに戻って町長に報告しようとすると、突然ヴァンガードのホークが現れる。
ホークはマルタがラタトスク・コアを渡せばヴァンガードに戻っても構わない旨を伝えるが、マルタはそれを拒否。
ヴァンガードを退け、脱出しようとしても追いかけてくるヴァンガード。
突然彼らの背後にマーテル教会の騎士団が現れ、ホークたちを倒してしまう。
騎士団の団長マーグナーはロイドの命により、ラタトスク・コアを奪いに来たという。
テネブラエの機転でインプがマーグナー達に襲いかかり、その隙に脱出する一行。
街から離れたところで突如マーグナーの声が響き渡る。
マーグナーはルインをマーテル教会への反逆罪で裁くと言い出し、それを避けたいのであれば、マルタを差し出せという。
エミルがマルタにラタトスク・コアを渡すように言ってもマルタが拒否したため、マルタを責めるエミル。
マルタがラタトスク・コアを差し出しに行ったところで、エミルにテネブラエがラタトスク・コアを渡せない理由を語る。
マルタから強引にはがせばマルタも死んでしまうこと、そしてマルタもそのことを知っていることを知ったエミルはマルタを止めようとする。
テネブラエは街の人にエミルが非難されると言ったが、エミルはそれでも止めると言い切り、走り出す。それについていくテネブラエ。
そのころ、ルインではマーテル教会の騎士団がマルタとの約束を一方的に破り、街を襲っていた。
そこに出くわすエミル。止めようとして突如発生した爆発に巻き込まれて広場まで吹き飛ばされる。
エミルが豹変し、教会騎士団に襲いかかる。マルタを拘束している教会騎士団を倒し、マルタと協力してマーグナーと戦うエミル。マーグナーが倒れた後もマルタが止めるまで殴り続ける。
街の人は皆一様にエミルを恐れ、エミルから逃げて行ってしまった。
呼びに来たマルタと町長の家に向かうエミル。町長の家の前に居たアルバは、エミルを見るなり「近づくな!化け物!」と叫んだ。
反発するマルタを抑え、エミルは町長と面会する。
町長はロイドの真意を確かめてほしいとエミルに頼む。
それは町長なりのエミルへの優しさだった。
街を出ようとするところで追いかけてくるマルタとテネブラエ。
二人は目的が同じなら協力しないかとエミルに言う。エミルは「自分なんかが二人と旅をしてもいいのか」と聞くが二人は快く了承。
そして、一行はルインを出て次の街へと向かうのであった。