ストーリー:ハーツ

DS版

シーブル村で祖父ゼクスと2人暮らしをしていた主人公シング・メテオライトは
ある日祖父が留守の際に浜辺に打ち上げられていた兄妹、ヒスイ・ハーツとコハク・ハーツを見つける。
詳しく理由は言わないものの、2人はソーマを必要としておりシングはゼクスのソーマと
岬にまつってある亡きシングの母、ドナ・メテオライトが使用していたソーマを2人に見せる。
しかし、突如謎の魔道士に襲われコハクはスピリアを攻撃され
駆けつけたゼクスはシングをかばい瀕死の重傷を負ってしまう。
シングはコハクを治療するためにソーマを用いコハクにスピルリンクしたが
そこで見たものはおとぎ話「いばらの森のねむり姫」に出ていた「ゼロム」にそっくりな赤目の魔物や
「ねむり姫」にそっくりなエメラルドの髪をした少女だった。

R版

遥かに散った 君の心を 君と見つける

辺境の村に祖父と二人で暮らす少年「シング」は、
今日も祖父との剣の修行に打ち込んでいた。
初めて祖父から一本をとったシングは、
その褒美として祖父より神秘の武具「ソーマ」を譲り受ける。
ソーマを譲り受けた後、シングは祖父の外出中に
祖父を訪ねてきた少女、「コハク」と出会う。
初めて会う村人以外の異性に戸惑いつつも、
その笑顔に惹かれていくシング。
しかし、コハクはシングの目の前で謎の女魔道士に襲われ、
そのスピリアに術をかけられてしまう。
シングはコハクを救うため彼女のスピリアにスピルリンクするも、
誤って彼女の感情(スピルーン)を砕いてしまう。
コハクへの償いと、コハクの笑顔を取り戻したいという思いから、
シングは祖父から譲り受けたソーマを手に初めて村の外へ旅立つのだった。