ストーリー:グレイセス

希望の道標(どうひょう)編

領主アストンの長男で、明朗快活な少年アスベル・ラントが、
幼馴染みの少女シェリアや弟のヒューバートらと少年らしい日々をのびのびと過ごしていた。
ある日、アスベルは記憶を失ったひとりの少女に出会い、ソフィと名付ける。
さらに、時期を同じくしてラントを訪れたウィンドル王子リチャードとも友情を育む。
三人はラントの裏山にある木に名前を彫り、永遠の友情を誓い合う。

その後、ある事件をきっかけにアスベルは「強くなりたい」と強く願うようになり、
王都にある騎士養成学校への入学を決意するのだった。

そしてその事件から7年後。
18歳になったアスベルは一人前の剣士として成長を遂げる。
騎士となることを夢見ていたアスベルだったが、父アストンの死により夢をあきらめ、
ラント領主の地位を継ぐことを余儀なくされる。

友との再会、そして別れ…。
隣国からきた者より領主の地位を奪われる…。
いま、激しい運命の変転に巻き込まれていく…。

未来への系譜編

+ネタバレ
エフィネア全土を震撼させた原素(エレス)喪失事件から半年後。
アスベルはラント領主として、多忙な日々を過ごしていた。

そんなある日、リチャードから一通の書状が届くのだった。
その内容とは、ラムダから生まれた魔物の被害が各地で再び勢いを増しており、その討伐に力を貸してほしいというものだった。

王として日々贖罪のため、魔物討伐の先陣を切るリチャード。
救護団で活動するシェリア。
ストラタから派遣されてきたヒューバート。
フェンデル政府の下で働くマリクとパスカル。

エフィネア全土に広がる異変に、かつての仲間が再び一堂に会すこととなる。

そして、永遠の少女・ソフィ。
守る強さを胸に、彼女に芽生えた新たな想いとは…

今、新たな物語が静かに動き出す……。