ストーリー:ヴェスペリア

万物を構成する力「エアル」と、そのエアルによって駆動する魔導器(ブラスティア)に支えられる世界テルカ・リュミレース。
人々は街を巨大な結界で包むことで魔物の進入を退け、安全に暮らしていた。

旧文明の遺産である魔導器を管理する帝国は、時とともに腐敗の一途をたどり、
それに反発した人々は自由を求めて互助組織ギルドを結成した。
互いに衝突を繰り返し、双方による複雑な社会を形成していった。

そして十年前、人魔戦争と呼ばれる戦いが終結し、先の皇帝が崩御した。
以来、皇帝の座は空位となっていたが、世界はおおむね平和に見えた…

帝都ザーフィアスの下町で気ままに暮らす青年ユーリ。
ある日、その下町で住民の生活を支える水道魔導器(アクエブラスティア)が暴走を起こす。

ユーリは相棒で犬のラピードと共に、修理を請け負ったという人物を追うが、騎士団に邪魔されて逃げられたばかりか、投獄されてしまう。

脱獄に成功したユーリは、城内をさまよううち騎士に追われる少女エステリーゼに遭遇、彼女が親友フレンの名を口にしたことから、咄嗟に助けてしまう。
フレンに会いたいという彼女をユーリは部屋まで連れて行くが――