ユーリ・ローウェル

+目次

ヴェスペリア

「世のためだろうがなんだろうが、それで誰かを泣かせてりゃ世話ねえぜ」
年齢:21歳 性別:男性 
身長:180cm 体重:??kg
声優:鳥海浩輔
職業:元騎士(剣士)
『テイルズ オブ ヴェスペリア』の主人公。
憧れの騎士団に入団するも、腐敗した現実に失望して辞めた過去を持つ青年。
親友が騎士団に留まるなか、貴族や役人を嫌って、自身は生まれ育った下町で住民の
用心棒のようなことをしながら暮らしていた。
散々お上の横暴を見てきたため、貴族や役人が嫌い。
ある事件で投獄されるもその際、エステルと奇妙な出会いを果たし、
それをきっかけに、広い世界で己の正義を貫く道を模索することになる。
さばさばとした皮肉屋で口は悪いが、なんだかんだと言いつつも
困っている人を放っておけないため、周囲からは兄貴分として慕われる存在。

TOWレディアントマイソロジー2

「騎士団の時みたいに、ゾロゾロ群れる必要もないし。自由気ままにやってりゃよさそうだし」
『テイルズ オブ ヴェスペリア』の主人公。
元騎士。とある事情を抱える人物の護衛のために故郷を離れる。
アドリビトムにかくまわれながらも
ギルドのメンバーとして活動している。
さばさばとした皮肉屋で口も悪いが
なんだかんだと言いつつも困っている人を放ってはおけない。

TOWレディアントマイソロジー3

「一つの選択は小さいかも知れねえが、その選択が世界を正しい方向に変えていくだろうよ」
ガルバンゾ国のギルドに所属していた。
エステルの旅の護衛を依頼されて国を出たが、なぜか王女誘拐の罪状でお尋ねものにされてしまう。

バーサス

「ま……それだけお互い譲れねぇ想いがあるってことだな」
所属国家: 自由都市連合ダイン
なりゆきで自由都市ダインを代表するシグルスとなった青年。
自由都市の下町で、なんでも屋として暮らしている自由人。
日の当たらぬ裏社会ともつながりを持ち、普段からはうかがい知れない顔を持っているらしい。

TOHツインブレイヴ

下町で用心棒をして
生計を立てている青年。
かつて騎士団に所属していたが、
上層部の腐敗を知り、退団。
己の信念を貫くためならば、
汚れ役となる事すら辞さない。
フレンとは立場こそ違うが、
お互いを認め合う親友である。

TOWタクティクスユニオン/TOWレーヴユナイティア

「お互い譲れないんだったら、こうやって白黒つけるしかねえだろ」
皮肉屋だが、己の信念に基いて行動する青年剣士。素早い身のこなしでプレイヤーを翻弄する。

リンク

「オレはこいつの護衛でね。よく分からないやつにほいほい話して余計な危険を冒させる訳にはいかねえんだ。」
凄腕の剣士。目に見える範囲の力の無い人だけでも守れるように、と、
用心棒や護衛など、何でも屋的な仕事を引き受けて暮らしている。

アスタリア

星のカケラ編

「未来はな、己の選んだ道を信じて創り出すもんだ。」
ウィンドル王国の騎士団に所属している。
周囲から頼られる兄貴気質。
自分の中に「正義」を持っており、
常にそれを貫き通す医師の強さを持っている。
共に騎士団に所属しているフレンと見回りをしていた時に、
モンスターに襲われている一人の少女を助ける。
少女は名をエルと言い、自分の住むイニル街に原因不明の
奇病が蔓延している為、王に助けを求めに来たという。
放っておけないユーリは、エルと共にイニル街へ向かうが、
そこで目にした現実が、
その後のユーリの行動に大きく関わることとなる。

結晶の大地と導きの光編

「オレの道はオレが作る。ついてきたけりゃ、好きにすりゃいいさ」
王都バロニアに住む青年。
かつては、ウィンドルの騎士団に所属していた。
自分なりの「正義」を持っており、
常にそれを貫き通す意志の強さを持っている。
さばさばとした皮肉屋で口は悪いが、
何だかんだと言いつつも面倒見がよく、
周囲からは兄貴分として慕われる存在。

レイズ

帝都ザーフィアスの下町に住む青年。
一度は志を抱いて騎士団に身を置いたものの、腐敗した現実に失望して脱退。
以来、貴族や騎士団の横暴から近しい人々を守る用心棒のような日々を送る。

ミラージュプリズン

アスガルド帝国にフレンがいるという話を聞き、
アスガルド帝国の首都イ・ラプセルに侵入を
試みるのだが……。

PROJECT X ZONE

「凛々の明星の名にかけて!」
帝都ザーフィアスの下町に住む青年。かつて世界を覆った「星喰み」の脅威から世界を救った。
現在はギルド「凛々の明星(ブレイブヴェスペリア)」に所属している。