衝破連牙衝(しょうはれんがしょう)

+目次

概要

衝破連牙衝とは、二連続の斬撃の後、突きで敵を突き放す技のこと。
初出はRのヴェイグ。

登場作品

リバース

交差斬りから、渾身の突きで間合いを離す
奥義。素早いライン攻撃を状況に応じて。
分類 奥義 属性 -
HIT数 4 消費FG 350
威力 540 鋼体 12
HP回復 29 硬直 24
発生 18 衝撃値 5
習得条件 Lv24、消費SPは習得しなおすごとに減少
瞬連塵:50SP
裂破衝:30SP
発動条件 RG70以上で特技後、
奥義をセットしたFG全快の特技を入力
二度交差するように斬り付けてから、さらに二連続の突きを重ねて敵を突き放す奥義。
序盤から使える汎用的な技。
恐らく裂破衝の覚え立てはこの技をセットすることだろう。
技の締めに敵を突きで引き離すので、反撃を受けにくい利点がある。
二連斬と二連突きの間に大きな隙があり、敵に攻撃をガードされるとその間に攻撃をもらうことがある。
通常攻撃や特技がきちんとヒットしたことを確かめてから奥義に連携したい。

TOWレディアントマイソロジー2

交差斬りから渾身の突きで間合いを離す奥義
分類 奥義 属性 武器
HIT数 4 消費TP 21
威力 500(125×4) 詠唱時間 -
習得条件 大剣士:Lv11
聖騎士:Lv9
ヴェイグ:Lv18
間合いを離す、とあるが実際はそんなに離れない、説明文詐欺。
戦闘が3Dである今作ではモーションの長さがネックとなり、ガードされ攻撃を抜けて反撃されるリスクに
他の敵からの攻撃という脅威が加わる。
レベルが上がって別の奥義を習得してからは、わざわざこの技を選択する利点は少ない。


関連リンク

派生技

関連技

ネタ