錬・鋼体装(れん・こうたいそう)

概要

錬・鋼体装とは、導術に対して仰け反らなくなる技のこと。
初出はRのユージーン。
英語版表記は「Iron Srance」

登場作品

リバース

分類 錬術 属性
消費FG 400 HP回復 50
習得条件 Lv30
15秒間、導術攻撃に対して仰け反らずに行動できるようになる錬術。
仰け反らない=「鋼体」であるので、術のダメージも75%に抑えられる。
ここでいう「導術」とは、それこそフレアショットやサンダースピアのように
詠唱の必要な普通の導術攻撃のほかに、「術撃判定の通常攻撃」も含まれる。
リバースの通常攻撃は、攻撃側と防御側の斬撃、打撃、術撃の各カテゴリの攻撃力、防御力から
最もダメージが出やすいと判定されたカテゴリで斬撃、打撃、術撃が判定されるため、
例えば極端に術撃攻撃力の低いユージーンでも、もっと極端に術撃防御力の低い敵に通常攻撃を行えば、
斬撃ではなく「術撃」の判定としてダメージが算出される。
ゆえに錬・鋼体装は一部の通常攻撃に対しても鋼体の得られる錬術なのである。

TOSラタトスクの騎士

使用者:マーグナー
一定時間鋼体付与。

TOWレディアントマイソロジー

一定時間、攻撃にのけぞらずに行動できる
分類 ? 属性 -
HIT数 - 消費TP 27
威力 - 詠唱時間 -
習得条件 初期習得
マイソロではなんと「全ての攻撃」に対して仰け反らずに行動できる。
攻撃動作が遅く、敵陣に突っ込んでこそ威力を発揮する技を多く持つユージーンにとっては心強い補助技。
原作のようにダメージを軽減する効果まではさすがに無いが、
ユージーンはHPが高いのである程度までは敵の攻撃を受け止められる。
効果時間は短いが、消費TPはそんなに大きくないので、ときどきかけ直しながら攻め込もう。
非常に有用な技だったが、マイソロ2では残念ながら削除されてしまった。


関連リンク

派生技

関連技

ネタ