ウィンドエッジ(うぃんどえっじ)

+目次

概要

ウィンドエッジとは、真空の刃で小規模な空間を切り裂く術のこと。
初出はRのマオ。

登場作品

リバース

習得者:マオ
分類 導術 属性
HIT数 2 消費FG 170
威力 450 詠唱時間 70F(1.17s)
HP回復 40 硬直 30
発生 12 衝撃値 9
習得条件 Lv7
風の初級導術。
攻撃と同時に敵を一つ奥のラインに吹き飛ばす効果がある。
HP回復が高いので、FCヒールと組み合わせると錬術が必要なくなるほどHPが回復する。
詠唱も短く、攻撃判定がターゲットした敵の場所に直接発生するので、
術師の詠唱を妨害するのにも役立つ高性能術。
ただしヒットした敵を移動させるので、前衛が攻撃中の敵には撃たないように。

詠唱文
切り裂け、ウィンドエッジ!

使用者:サレ
戦闘開始直後に必ず使用する。
攻撃判定がターゲットした敵の場所に直接発生する上、ほとんど詠唱時間無しで発生するため阻止は困難。

TOWレディアントマイソロジー2

習得者:マオ
真空の刃を続けて生み出す術
分類 初級術 属性
HIT数 2 消費TP 15
威力 470(235×2) 詠唱時間 160F(2.67s)
対象の位置に小規模な真空の刃を生み出す術。
範囲はウィンドカッターウィンドスラッシュに比べると心持ち広い。
まぁ敵を複数体巻き込むほどのものではないので、他の術に比べれば少しは確実に敵に当たる、くらいの気持ちで。
詠唱が短いので、防具に詠唱短縮をつけて、敵術師の詠唱妨害に。


関連リンク

派生技

関連技

ネタ