The arrow was shot

テイルズオブジアビス、序盤の通常戦闘曲。
和訳すると「矢は放たれた」となる。

アビスでは、ストーリーの開始~アッシュ操作時のワイヨン鏡窟攻略まで使用される。
シンセリードがメインの足取り軽く躍動的な旋律が印象的な曲で、
ロック調だがところどころにバイオリンの音色が使用されているのも特徴である。
どことなくポップな曲調から、テイルズっぽくない、印象が薄いなどの評価を与えられがちだが、
中盤の通常戦闘曲「The edge of a dicision」や終盤の通常戦闘曲「Never surrender」と対比され、
ルークの戦闘への心持ちの変化を感じさせる要因の一つとなり、一定の立ち位置を獲得している。

マイソロ1のアレンジは、アビスキャラクターとの同行クエストで通常戦闘に使用された。
PSPの内部音源に依存したため原曲からの劣化が激しかった歴代戦闘音楽の中では、
シンセリードやギターの音色が比較的良好だったことから、全曲中でも再現度が高い。
原曲でのバイオリンの音色がギターに変更されている。

マイソロ2ではアレンジされ、アッシュ以外のキャラクターとの同行クエストで通常戦闘に使用される。
音源の良化で再現度もよりアップした。
原曲でのバイオリンの音色がギターになっているのはマイソロ1と同様。
テイルズオブバーサスではマイソロ2と同じバージョンとファミコン風のアレンジが存在する。
ファミコン風のアレンジはこの作品でしか使われていないレア物。
マイソロ3では原曲になっている。

また、リメイク版デスティニーでもシデン領にいるサクラバがピアノで弾いてくれる。