コハク・ハーツ / Kohak Hearts

「うん、信じるよ。 変な人にソーマを使えるはずないもんね」
「シングのケダモノ…」「みんなのスピリア、感じるよ・・・」「バンエルティア号が、真っ二つに!」
「舞い踊れ!桜花千爛の花吹雪!彼岸!霞!八重!枝垂れ!これが私のッ!殺劇舞荒拳!」
「煌めけ、夜天の極光! 落ちよ! スターライト!」
「あんりゃぁ、ふだりがあんんまりおどかすからぁ、シングが固まっちまったべさぁ!」
年齢:17歳 性別:女性
身長:158cm 体重:45kg
職業:格闘家
声優:井上 麻里奈
称号:ヒスイの妹 美脚ヒロイン
出身地:隠れ里ノークイン
『テイルズオブハーツ』のヒロイン。
武器は足輪型ソーマ「エルロンド」。開放するとバトンを形成する。
  • 加入時期が遅かったり、秘奥義(含めた体術?)が通信教育だったり、素でしゃべると訛りまくる珍しいタイプのヒロイン。
    • 「疾風脚の心得は、一に蹴るべし 二に蹴るべし 三、四がなくて五に飛び蹴るべし」「十日でできる!『易しい殺 劇 舞 荒 拳』」など。
      • 部屋にトクナガがある事から、通信教育本の出版者はもしや…「ヤローてめーぶっ殺~す!」
      • 彼女の鳳凰天駆はライ〇ーキックである。
        • しかし、ヒヨコの鳴き声みたいな鳳凰天駆や馬のいななきがする鳳凰天駆よりはマシだろう。
        • その蹴りの威力は18万5千ギガスゴ。だが、あくまで平均なのでこれが最大値ではないだろう。
        • その足癖の悪さは手配書にまで書かれるほど
      • 秘奥義の「殺劇舞荒拳」は、「拳」と言いつつバトンと蹴りのコンビネーション。最後はライ〇ーキック。でも攻撃範囲は狭い…。
        • つまり言いたいことは、"最後のキックが外れても泣かないこと。重くて持ち上がらなくても泣かないこと"である。
          • VSとH-Rではこの欠点は無くなっているが、RM3では相手によっては極稀にだが外れる。
      • 武器の属性は「打」得意属性は「火」。思念術はバランスよくそろうが思念技は全て火。
        • 属性以外にも鳳凰天駆、魔王炎撃波、紅蓮皇輪(紅蓮剣のコハク版)など主人公より主人公らしかったりして…?
          • しかし、DSの処理限界なのかよく炎が消える。攻撃判定はバトンではなく炎の方にあるので出した技が全くの無駄に終わる事も…(VSでも原作再現か、時折火が消える事があるがこちらは攻撃判定が残るので無問題)。
  • 好物はミソとスルメ。なんでもかんでもミソをつけて食べる味覚のおかしいヒロイン。TOGでも健在。
    • お腹が減っている犬に味噌を塗ったグミを渡すほど。
    • また、倒したイカの魔物をスルメやイカソーメンにしようとする。
      • 「待てコハク!……自分は、イカ飯を推奨する」by守護機士
      • 「・・・ってコイツはタコだ!」
      • ポテトチップスにも味噌。腎臓病になりそうだ…。
    • 中でも特に好きなのが「サクランボ入り焼きミソおにぎり」···ぅぇ
      • そのあまりにもミソミソな味覚から、ツインブレイヴのコミカル編では「残念な味覚」と称される。
    • R版でもそのミソミソぶりを遺憾無く発揮。PTメンバーそれぞれが"影の自分"と戦うサブイベでは、他7人が直ぐに戦闘に突入するのに対しコハクだけは影の自分とマイミソの食べ合いっこを始めてしまう始末。
      • コハクがヒスイのソーマを使うと、矢の代わりにミソが出てくるらしい。
      • ハーツRの料理システムのカテゴリ分けに「ご飯系」「肉系」「野菜系」などに混じって当然のように「味噌系」が用意されているのも、大体彼女のせい。
    • 当然のごとく、RM3でもミソはネタになった。
  • CG版はホラーです、モッコハク様…。
  • 同じいのまた氏デザインのキャラというのもあるだろうが、ヒルダと衣装が少し似ている。特に首から胸の部分の作り。
  • RM3では、間違いなくアッシュにつけ狙われそうなキャラ。
    • アッシュ「……」(ゴクリ)
      • そして兄貴に粛清されるアッシュさん。更に18万5千ギガスゴのケリが飛ぶ…。アッシュさんの運命やいかに…?
    • この服装は雪国から出て暖かい土地に出た事による反動から。故郷ではWもも引き装備である。
      • 兄貴の方は故郷でも比較的違和感なし。コハクが暑がりなのかヒスイが案外寒がりなのか…。
    • 雪崩を起こすことが美脚の秘訣(違
      • ヒスイ「コハクの蹴りの特訓で雪崩が起き…ほぎゃあああ~~!!」
    • 着痩せするタイプのようで、何かと脚ばかり注目されがちだが胸も見た目以上にある模様。
    • 特異な話し方をするメルディと言葉についての絡みがある。
  • 高所恐怖症。でも冒頭でいきなりカナヅチの兄共々崖の上から海に飛び込む猛者。
  • とあるイベントでCERO:Bの壁がなければ真性サディストの敵キャラに確実に○○されたんでないかと思われる。っていうか思った。
    • テイルズマガジンに「やられ声が巷で話題」みたいなことが書いてある。スキルは使えない子扱いしてるのにやられ声は評価w
  • 実は表と裏、二つの姿があり、極僅かなる選ばれし者にのみ裏の姿の拝見が許される。
  • 趣味は「無限撲滅オニごっこ」「デッドエンドサッカー」「激・炎熱地獄雪合戦」で「相手をボコメキョにするのが気持ちいい」などと言ってるあたり少々Sが入っている…シング…健闘を祈る…
    シング「ボコメキョ~~~~~ッ!!」
    • それゆえトロステでも「ボコメキョ少女」とも呼ばれていた。
      • むしろシングより、兄・ヒスイをボコメキョにすることが多い。
        • さらに「雪の女王(様)鍋」イベントでは、兄をも「もっとののしってほしいくせに」とさながら本性を現すような一言も。
  • テイルズオブバーサスに出演。ちなみに宣伝PVに早々にコハクのラフ画が出ていた。
    • TOGにも出演。隠しダンジョン(ゾーオンケイジ)の裏ボス・大煇星竜(ソロモス)が秘奥義に殺劇舞荒拳のような技「天衣無縫」を使うからか秘奥義は「スターライト」。だが演出はメテオスォーム。
      • ラタで搭載されなかったリーガルの牙連絶襲撃みたいに単にモーションキャプチャーで再現するのが難しいだけでは…?
      • 「ディザスターライト」とか使うボスもいるから、カブりとかを考慮しての変更にはあまり見えない。
        • というか台詞が明らかに「ディザスターライト」を意識しているとしか思えない…。
          • というか、「極光」という台詞が流行っている。アスベルやリチャードもGfで「極光!」と叫ぶ秘奥義が追加されたし。
            • エクシリアでも「輝け!」「極光!」と叫ぶ秘奥義が。本当に流行っている。
        • 変更の理由は見栄え、テンポが理由の可能性が高い。
      • 結構近作にもかかわらず出演作品は主人公差し置いて3作品目。どれだけ優遇されてんだ…レジェンディア勢の立場は…?
        • RM3で4作品目。余談だが秘奥義は「殺劇舞荒拳」に戻った。これでカットインもH勢最多の4枚目。バンナムスタッフに熱狂的なコハクファンでもいるのだろうか…?
          • ツインブレイヴにシングとコンビで参戦決定で5作品目。まだまだコハク参戦記録は伸びるようだ。
            • ツインブレイヴでは試作キャラの一人でもあるので今後の作品の参戦の可能性も高いか?
    • VSでは配信武器にダンベルがある。ネタ武器のように見えるがこれを装備すると詠唱速度等が激減する代わりに攻撃力はなんとバルバトスを超え、術系キャラなのに全キャラ中2位の攻撃力を持つ。すごいぞ!コハク!
      • あまりに強い威力から、紅蓮皇輪と組み合わせるのは通信対戦ではご法度になっている。
  • 追加コスにも期待だが、歴代は二面性あるからアニスか、素直に格闘少女だからファラソフィか。
    • 歴代コスはマルタ。
    • まあ確かに髪型あたりが似てなくもないような…。
  • 名前の由来はそのまま琥珀から。
  • コハクとヒスイの母・アイオラ(巫女)魔王討伐の時点で既に臨月である。いくら翼で浮遊できるバルハイトを装備しているとはいえ、無茶しすぎでは…?
  • イノセンスRへのゲスト出演が決定、兄とセットで参戦してきます。
    • コハクのゲスト参戦はこれで原作・G・VS・RM3・ツインブレイヴに続き6作目、スタッフにファンがいるのも嘘ではないかもしれない。
      • 同作品内や特典DVDでハーツRの可能性が示唆されているため、番宣…もとい広告塔としての参戦かも?
      • カットインはRM3の使いまわし。
        • ダイスアドベンチャーで7作目。原作が2008年にしてはかなり出番が多い。
        • そして原作のリイマジネーション化で8作目。しかも現段階では全ての店舗特典にコハクがいるw
        • タクティクスユニオンの第六弾目の追加がクレスとコハク。よってこれで9作目。多すぎである…。
          • 移植完全版であるユナイティアにも当然参戦。これで10作目。スマホアプリゲームのアスタリア、リンクを加えると12作品に出ている。
            • ちなみに余談だが、別陣営で兄貴も参戦。他にもルビアの旦那やエミルのなどが参戦するも、主人公の存在は影も形も語られなかった。(設定的に仕方がないが…。)
            • ユナイティアは原作での記憶を無くしているため、ヒスイをお兄ちゃん呼びではなく名前で呼んでいる珍しい作品でもある。
            • コハク自身は出ていないものの、中の人が同じかめにん及びダークかめにんがZ及びBに登場。しかも一人二役。コハクというより井上さんのファンがいるのか?
  • ハーツR発売前に判明した新技
    • 特技、思念技:緋炎翔陣、三散華、天楼脚
    • 思念術:イグニートプリズン、レイズデッド、ファイアボール
      • イグニートプリズン自体はベリルとの合技で原作にもあるが、今回は1人で使用できる模様。
      • レイズウィルがレイズデッドに差し替えられている。さすがに確率で復活は使い勝手が悪かったためか。
        • 代わりにリザレクションを兄貴に奪われてしまった…。その分妹はより攻撃的に動けるので悪い事ばかりでもない。
          • スターライト、フレイムガン、サンバーンなどDSであったオリジナル術が削除。
    • 合体秘奥義:麟凰天翔駆(+シング)、蒼紅円舞曲(そうこうのわるつ)(+ベリル)
      • DS版ではスピルーンが全て戻っていても戻っていなくても戦闘時の変化はなかったが、Vitaではスピルーンが戻っていないとセリフも感情がない感じで戦闘しているように変化している。
        • 秘奥義のセリフも全く一緒で、「はぁあああっ!」の部分も感情を込めずに言うのでここだけ少し違和感。
          • スピルーンが完全に戻る前のコハクのボイスはちょっと感情が豊かになる前のソフィっぽい。
  • カットインでの武器の持ち手が安定しないキャラで、マイソロ3とHR(協力秘奥義も含めて)、ユナイティアでは左手持ち。Gゲスト時とツイブレ、バーサスは右手持ち。
    • ちなみにグラフィック上では武器を持つ手は基本的に右手。
      • 余談だがイラストによって後ろ髪の毛量が安定しない。冬でも暑そうなくらいにもっさりしている時もあれば、細くスッキリしている時もある。レイズのアイマス衣装時のイラスト等がそう。
  • レイズでは2部第4章にて「神降ろしの巫女」として捕らえられていたところを救世軍に救出された。
    • しかし、リチャードスピルリンクしてゼロムみたいな奴を倒そうとした際に心核喪失状態になってしまっている。それが治療されるまでは参戦できなそう。
      • ミトスが姉マーテルのものと思い込んで回収した心核は彼女のもののようなので、戻りさえすれば参戦はできそう。
        • 2部8章にて心核が戻った。参戦は運営がさせようと思えばいつでもできるはず。…まさかのダークかめにんの方が先だが(かめにんが先にボイス有りで搭載されている時点で今更か)。
        • 第一部OPムービーに出ているのになかなか参戦しない…そんな彼女だったが9月のイベント「FIGHTING OF THE SPIRIT ~風の章~」にて参戦。

+※同キャラです

+AA

      ,. -─- 、
    /   ,..-─ヽ─- 、.,_
   /  ,..::'´:::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
    /::/::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、:::::':,
   /`ー--:/::::/|:::::::::::::|::::::::::::::ハ:::::::ハ
   ,'ー/r:::7:_-{、|:::|::::::;ハ:::__|!:::::::|:::::::::|
   !:::::|::|:::|ア7メ!.|__!__/_」__/|!:::::::|:::::::::|  
   '、:::|::|:::|!弋リ    ´んハY:::::::::!|::::::::!
    \ム」!"   ,   弋zソ}|:::::::ハ:::::::::|   
     .八        " ソ::::://:::::::::::!   
     /:::::|ヽ、 `    ,く::_/イ::::::::::i::|
     レ 7::::::ム,_,,. イ |//:::::::|::::::::::|:::'、
     /:::, イ- r7| _r'´ {:::::::::'、::::::::|::::::ヽ
      {/´|   | リ/´   八:::::::::::\リ::::::::::)