バルバトス・ゲーティア

+目次

デスティニー(リメイク)

「次は貴様が死ぬ番だ…ディムロス!!」
年齢:32歳没  性別:男性
身長:187cm 体重:82kg
ソーディアンマスターと深い因縁のある狂戦士。
天地戦争時代に活躍したバルバトスは数々の武功をあげた戦士で、
ソーディアンチームとして後世に名を残したディムロスとも互角の力を持っていた。
その強さは鬼神そのもの。
  • 今作に登場するバルバトスは本人ではなく、怨霊とでも言うべき存在。

デスティニー2

「俺の前で英雄と口に出したこと・・・死の淵で悔やむがいい!!」
「誰も…俺は倒せない!倒せないのだああッ!!」
年齢:32歳  性別:男性
身長:187cm 体重:82kg
声優:若本 規夫
職業:魔法戦士
英雄になりそこねた狂戦士。
天地戦争時代に活躍したバルバトスは数々の武功をあげた戦士で、
ソーディアンチームとして後世に名を残したディムロスとも互角の力を持っていた。

だが、その名を知る者はほとんどいない。
というのも、彼が歴史から抹殺された存在であるからだ。
バルバトスの心は、無念と生への渇望に満たされていた。
その心に呼応した何者かにより、バルバトスは新たな生を得る。

復活したバルバトスは、自らの生の証しを手に入れるために、そしてそれを歴史に刻み付けるために戦う。

+ネタバレ
「英雄」と称えられるディムロスへの対抗心と恋愛感情を抱いているアトワイトを得たいがため、
天上軍に寝返り、それを理由にディムロスに粛清された。
エルレインによって復活させられ、彼女の手駒として動いている。

10年前にデュナミス孤児院を強襲、スタンを殺害した張本人。
そのため、カイルとロニにとってはスタンの仇である。
精神的ショックでカイルはこの時「のみ」の記憶を失っているが、エルレインの生み出した夢で真相を知ることになる。

18年前(前作の時代)の神の眼の前で彼と決着。
カイルたちの手に掛かることを拒み、自ら神の眼に飛び込み自害を図った。

PSP版では戦いを求め続ける怨霊となってアクアラビリンスを彷徨っている。

TOWレディアントマイソロジー2

「さぁ、死合うとしようか!ディセンダー!!」
年齢:32歳  性別:男性
身長:187cm 体重:82kg
声優:若本 規夫
『テイルズ オブ デスティニー2』からの出演。
太古の昔に存在した戦士。
かつてディセンダーによって倒され、恨みを抱いている。
今では、グラニデに宿った「負の記憶」としての存在。
そのため何度倒されても蘇ってくる。
  • 「未来永劫終わりの無い戦いを強いられた亡霊」という設定を持つ。

TOWレディアントマイソロジー3

「俺は、俺の渇きを満たす者を待っていた……待ち続けていた!」
カイル達と同じ異世界からやってきた。
カイルの世界の4英雄を倒すことを目的にしているが、
まだ誰一人倒すことは叶っていない。
主人公と勝負を交え、主人公を狙うようになる。

バーサス

「さあお前たち、かかって来いッ!まとめて俺の渇きを癒せッ!」
年齢:不詳 性別:男性
所属国家:無し
職業:天界人
飽くなき戦いへの渇望だけに忠実に生きる最凶の戦士。
常に強敵との戦いを求めており、自身も絶大な戦闘能力を誇る。
さまざまな思いが絡みあうユグドラシルバトルにおいて、ただ己の本能のままに戦う特異な存在である。

+ネタバレ
3年前のユグドラシルバトルにおいて決勝戦後に乱入、ディムロスを殺害した張本人。
その後ダオスに勝負を仕掛けるが相手にされなかったことに憤慨。
ユグドラシルに傷をつけてわざと怒りを買おうとしたが、ダオスによって魔界に封印されることになる。

そして3年の時が過ぎ、スタンが復讐のため各地を回っている頃、様々な場所に現れる。
実はこのバルバトスはダオスがフォミクリーにより生み出したレプリカである。
本体はディムロスのような強い戦士を求め魔界を彷徨っていたところ、スタンとディムロスが現れる。
その後、スタンはリオンとカイルの協力を得て打ち倒すことに成功した。

レイズ

カイルたちの生きる時代の遥か昔に起きた
天地戦争。バルバトスはその時代に生きた戦士だった。
数々の武功を上げた彼は、ソーディアンマスター
たちと同じように、歴史に名を刻まれるはずだった。
しかしその名は彼の起こした、
とある行動を理由に抹消されている。
  • 今のところ攻略戦「バルバトス・ゲーティア」にて先行配信扱い。

+ネタバレ
2部8章にて登場するが、ローゲという別人が身体を乗っ取っている模様。
3部5章でイクスたちによってバルバトスの心核が本人の肉体に戻された。
リビングドール計画に自分の身体を利用されていたことに憤慨、アスガルド帝国に牙を剥くが捕らえられていた。
サブシナリオによると生前のバルバトスが具現化されているため、カイルたちとの面識がないことが明かされた。