ジューダス

+目次

デスティニー2

「僕は仮面を外すわけにはいかない。すべてを隠して、やりとげなくては…」
年齢:16歳  性別:男性
身長:159cm 体重:48kg
職業:剣士
声優:緑川 光
カイルのピンチに現れる謎の剣士。
スラリとした体型から天才的な剣術を繰り出す。
常に仮面を被り、素顔を隠している。

+デスティニー2・ジューダスの軌跡
今作ではジューダスという名前はカイルがその場の思いつきでつけた。
その正体は、この時代から遡ること18年前、スタン達を裏切って死亡した剣士、リオン・マグナス
計り知れない無念を残して死んだ彼は、エルレインにより蘇生されたのだった。
彼女の部下になるよう蘇生されたが、それを拒否し古都ダリルシェイドの旧ヒューゴの屋敷にいたところカイルたちと出会う。
それ以後は小説版でのシャルティエによるとルーティと、彼女とスタンの子であるカイルを守ろうとしていた。

死後、リオンは「裏切り者」として父・ヒューゴと共に憎悪の対象となっていたため、仮面を被り素顔を隠していた。
カイル達も彼の「裏切りの理由」を知らないため、ストーリー序盤ではかなりリオンに対する嫌悪感が強い。
しかし旅の途中、彼の正体が発覚。
その後、彼の悪夢の中で真実を知ることとなり、リオンに対する心境の変化が見られる。

最終的にフォルトゥナを倒したことで神の歴史への介入が修正されると同時に消滅。
しかし彼がカイルへ及ぼした影響は非常に大きく、エンディング後の世界でも彼の考え方を受け継いだ。

偽名である「ジューダス」はキリストを裏切った男、「ユダ(Judas)」から来ている。意味は「裏切り者」。
ちなみに、ジューダスという名はカイルにつけてもらった名である。

TOWレディアントマイソロジー3

「……そういうところは どこかの馬鹿にそっくりだ」
ハロルドの実験の手違いからやって来る異世界の住人。
常に仮面をつけており、外そうとはしない。

レイズ

カイルのピンチに現れる謎の剣士。
スラリとした体型から天才的な剣術を繰り出す。
常に仮面を被り、顔を隠している。
ジューダスという名前はカイルがその場の思いつきでつけた。
  • イベント『ティル・ナ・ノーグ ハロウィン』にて参戦。

+ネタバレ
コンウェイ曰く救世軍ファントムによりむりやり具現化させられた鏡映点。
今作ではリオンと時間軸の異なる同一人物であることはバレている。

NAMCO×CAPCOM

龍の骨で造られたような仮面を被った漆黒の剣士。
二刀を使ったその天才的な剣技と、ニヒルでクールな性格は、
かつてスタンが戦った“ある男”を思い起こさせる。

+ネタバレ
その正体は、かつてスタンと戦ったリオン・マグナスである。
人格のある剣・ソーディアン”シャルティエ”を持つ。
本作ではブラックワルキューレの力で生き返っている。
姿はジューダスだが、「虎牙破斬」「魔人闇」等のリオンの技も使う。
ブラックワルキューレの呪力で縛られ、スタンたちの前に敵として立ちふさがる。
それとは別にブラックワルキューレから神の眼をとりかえす為、
自分の意思でもブラックワルキューレに協力していた。
物語の終盤で神の眼が既にブラックワルキューレの手を離れていたことを知り、最終的に味方となる。
その際、スタン達との連携でブラックワルキューレと戦った。
ちなみに、ジューダスという名は自分から名乗っている(つまり自分から裏切り者と名乗っている)。