ジーニアス・セイジ

+目次

シンフォニア

「ボク、どんどん人間が嫌いになってくみたいだよ」
年齢:12歳 性別:男性
身長:141cm 体重:29kg
声優:折笠 愛
職業:魔術士
ロイドの親友。村で一番勉強ができ、また非常に優秀な魔術士でもある。
賢いためか、出来ることと出来ないことの見極めが早く、諦めも早い。
ある意味大人であり、大人と子供の顔をうまく使い分けている少年。
みんなが彼を大人か子供かのどちらかとしてしか扱わない中、
ロイドはジーニアスの人格を認めてくれるため、ロイドを慕っている。

+ネタバレ
生まれはテセアラのヘイムダールで、母バージニアがハーフエルフ迫害から逃れさせようと異界の扉からシルヴァラントに送った。
まだ赤ん坊だったジーニアスにはこの頃の記憶はないため、リフィルは母親のことを隠していた。
だが、シルヴァラントでも迫害を受けたため、差別を逃れるためにイセリアの村ではエルフを自称し耳を隠している。
イセリア人間牧場に捕らえられている老婆マーブルに給食のパンをこっそり差し入れており、
コレットの世界再生への旅を教えに行った際にロイドと彼女をディザイアンから助けようとしたことにより
不可侵契約を破り、イセリアの村に災いをもたらしてしまう。
その際に異形の姿と化したが正気を取り戻したマーブルにより村は救われるが、ロイドともども追放処分を受けることになってしまう。
それ以降、マーブルの形見であるエクスフィアはを装備する(それまではエクスフィアなし)。

ミトスと友だちになり彼と互いに信頼関係を築くが、彼は「ユグドラシル」として生きることを決意したことにより決別した。


TOSラタトスクの騎士

「ボクとエミルは友達だもん」
年齢:14歳 性別:男性
身長:151cm 体重:40kg
声優:折笠 愛
職業:魔術士
得意属性:氷
ロイドの親友でリフィルの弟。
前作から二年が過ぎ、世界も衰退から復興したため、栄養状態もよくなり、順調に身長が伸びている(それでもまだ小さいが)。
前作より若干大人びたものの、まだ印象は子供であることに不満を持っており、
早く成長期になって欲しいと切望している。
現在は、行方の分からなくなったロイドの身を案じ、姉と二手に分かれて捜している。
エミルらに対しては、歳の近い友達が出来そうで嬉しい反面、
ロイドを敵対視する言動を悲しく感じ、複雑である。

TOWレディアントマイソロジー

若輩ながら魔術に長ける事からアドリビトムに所属する天才少年。
実力の反面、自分が子供であることにコンプレックスを持っており、その影響か斜に構えた一面を持つ。
人を差別しないロイド、カノンノなどとは親しい間柄。
また、主人公もその一人となってゆく。

TOWレディアントマイソロジー2

ナパージュ村の出身で、リフィルの弟。
村で一番勉強ができ、また非常に優秀な魔術師でもある。
そのため自信家で誰に対しても偉そうに接している。
クラスメイトでもあったロイド達とは友人でギルドにも所属していた。

TOWレディアントマイソロジー3

「その子が、たまに見せてくれる笑顔が……その、だ、大好きなんだ」
アドリビトムへ教師として参加する姉・リフィルに付いてやって来る。
ロイドやコレットとは友達で、プレセアとも仲が良い。

レイズ

姉リフィルと共にイセリアに暮らすハーフエルフ。
勉強が苦手なロイドとは真逆で賢く成績も良い。
エルフの血を引く為、魔術を使う事もできる。
賢いが故に物事の見極めも早く考え方は
大人そのものであるが、本人はそれを見越した上で
大人と子供の顔を巧みに使い分ける。