プレセア・コンバティール

+目次

シンフォニア

「私に・・・構わないでください」
年齢:12歳(実年齢は28歳) 性別:女性
身長:138cm 体重:24kg
声優:桑島 法子
職業:斧戦士
主人公ロイドとともに旅をする無口で感情の見えづらい少女。
本来は明るく無邪気な少女だったのだが、病気の父の代わりに木こりの仕事をしようとして、
欠陥品とも知らずに、無機生命体の力で人の能力を進化させるエクスフィアを装着してしまった。
このために、人間性を奪われてしまう。

+ネタバレ
ロディルがクルシスの輝石を得るために始めたエンジェルス計画の被験者になってしまい、
この時からエクスフィアの寄生を受け始め体の成長が止まってしまい感情も徐々に失っていった。
そのため彼女が住んでいたオゼットの村人から化け物のように見られ、
ロイドたちに助けられるまでの16年もの間、自分の父親が死んだことにも気づかずに機械的に仕事をしながら生活していた。
さらに機械的にロディルに利用され、自分の意志に関わらずコレット誘拐の片棒を担がされてしまう。
ロイドたちにより抑制鉱石をつけられたおかげで正気を取り戻し、昔家のために奉公に出た
妹のアリシアが「ブライアン」という人間に殺されたことを知り復讐を決意。
後にリーガルが止むに止まれぬ事情でアリシアを殺害せざるを得なかったと知るも
なかなか割り切れずに内心ではくすぶっている(ラストダンジョンでようやく氷解)。
自身と同じくエンジェルス計画の被験者にされたせいで死ななければならなくなった妹の仇である
エクスフィアブローカーのヴァーリとロディルを倒し、敵を討った。
正気を取り戻した後は実年齢とのギャップや失った時間への迷いがあり、魔装備に誘惑を受けるがロイドたちにより孤独が癒されていく。

TOSラタトスクの騎士

「私も・・・・・・協力します。必ずお役に立ちます」
年齢:14歳(実年齢は30歳) 性別:女性
身長:150cm 体重:38kg
声優:桑島 法子
職業:斧戦士
得意属性:地
前作では世界再生の旅に同行していた。
前作から二年が過ぎ、エクスフィアによる寄生から解放されたため、
栄養状態もよくなり、正しい成長を迎えている。
時間が止まっていたため、うつろとなっていたが、実年齢とのギャップに悩みつつも、
現在では少しずつ少女らしさを取り戻し、笑うことも多くなった。
現在は故郷であるオゼットの村を復興させるため、リーガルと協力して活動している。

TOWレディアントマイソロジー2

「はい。新しい事を知ると、それだけ自由になれる気がします」
ナパージュ村の出身で、ロイドやジーニアスの友人。
村では木を切って生活していたので、斧の扱いに長けている。
元々は人間らしい面を持っていたがある事件の影響で感情を失ってしまう。
その後、リフィルと共に行動しバンエルティア号にやってきた。

+ネタバレ
ラルヴァの暴走によって感情を失うが、成長の停止という描写は作中時点ではないため12歳。
ラルヴァ自体が発見されてから1年も経っていないためだろうか。

TOWレディアントマイソロジー3

「私の力……皆さんに 気味悪く……思われないでしょうか」
ジーニアスの誘いでアドリビトムに参加することになる少女。
木こりをしつつ、木彫りのお守りを作って街で売ったりもしている。

バーサス

「ルールを守らない人には……お仕置きです」
所属国家:無所属
世界樹の番人を務める少女。
世界樹を守る者としての役目に極めて忠実で、侵入者に言い訳の余地を与えることはない。
幼い外見に似合わず落ち着いており、必要以上のことを話そうとしない彼女には秘密が……?

+ネタバレ
3年前のユグドラシルバトルでの事故で成長が停止しているため12歳のまま(本来は15歳)。
感情の欠落は若干見られるが、事故の副作用かどうかは不明。

TOWタクティクスユニオン/TOWレーヴユナイティア

「みなさんと戦いたくはありません。大人しくテルンさんを渡してください」
機械のように黙々と仕事をこなす斧使いの少女。幼い外見だが、大人顔負けの怪力を持つ。

レイズ

城に神木を納めている木こりの少女。
病気の父の代わりに働こうと、
エクスフィアを求めたがクルシスの輝石を作り出す
『エンジェルス計画』の実験体にされてしまった。
エクスフィアにより人間離れした力を得たが、
感情を失くし肉体の成長も止まってしまった。