ラザリス

+目次

TOWレディアントマイソロジー3

年齢:不明 性別:不明(精神的には女性)
身長:153cm 体重:39kg
声優:佐藤 聡美
主人公たちの前に現れる謎の存在。
物憂げに話していたかと思えば、急に激昂したりと、静と動の差が激しい側面がある。

+ネタバレ
願いを叶える赤い煙から生まれた存在。
願いを叶えてる理由は自身でもわからないが
世界を知るには都合がよかったからだと思うという。
世界に誕生したころには接触する力はなかったが
願いを叶えるという意思のコネクトを通じて、世界の生命力と情報を手に入れた。
そして、ヒトの姿、知恵を持つに至った。
また、自分を本来誕生するはずだった世界という。

ヴェラトローパに描かれていた壁画から
この生まれるはずだった世界はルミナシアの傍らで芽生えずルミナシアに取り込まれた世界だとわかる。
生命の場と情報が発芽には必要だったが足りず芽吹くことはなかった。
ラザリスの正体はジルディアそのものであり、その一部と判明する。
また、目的はルミナシアの人間の愚行に辟易し、自滅してる姿に呆れ、自分の世界として奪うこと。
ジルディアの一部をルミナシアに作りだし、少しづつルミナシアの生命の場を奪おうとする。

また、ルミナシアの浸食と共に、自らの世界の民の創造も行っており
望んで受け入れてきたルミナシアの民をジルディアの民に変貌させている。

エラン・ヴィタールにて生命の場を奪おうとし、また世界樹の分身であるディセンダーを奪おうとする。
ルミナシアの民の行った創造を罪ととらえ、創造をしない民の世界を作ろうとしている。
また、ルミナシアが自分を封じた理由も知ったが、ルミナシアを嫌い、共存を拒否した。
そして、ディセンダーに敗れるもこれから生まれるジルディア生命の意思に守られ助かる。
しかし、これはラザリスを守ろうとするジルディアの民の意思の創造であり
ラザリスにはやってほしくなかった行為であった。
結果として世界の意思と反発し食い合うことになり、調和を見失い、混沌へ向かって、カオスラザリスとなった。
敗れた後、ラザリスは消滅しドクメントだけになり、ディセンダーと共に生命の場にはいり、創造の輪の中に入った。
結果、キバが消滅し傷ついたルミナシアの世界樹を補うようにジルディアの世界樹が生まれた。


アスタリア

「永遠に続く平和と幸福を祈ろう。僕と一緒に」
エンテレスティアを総べる天帝
世界中の人々から敬愛される存在。
彼女の言葉を疑う者はおらず、
その祈りこそ幸福への導きだと誰もが信じている。
極少数の例外を除いて――。



添付ファイル