ガイ・セシル

+目次

アビス

「怖いさ。怖いから戦うんだ。俺にはまだやることがある」
「せっかく待っててやったんだから、もうちょっと嬉しそうな顔しろって」
年齢:21歳 性別:男性
身長:184cm 体重:79kg
声優:松本 保典
職業:剣士
ファブレ公爵家に仕える奉公人。
ルークの子守役として召抱えられて以来、屋敷から出られない彼の良き兄貴分兼親友となっている。
素早い攻撃を得意とする剣士。
女性が苦手な体質なのだが、つい優しい言葉をかけてしまい、困った状況になる事もしばしば。

+ネタバレ
本名はガイラルディア・ガラン・ガルディオス。
盾を持たない流派、アルバート流シグムント派剣術の使い手でもある
(ジェイドが作中で単純に「アルバート流」とだけ言っているのは素人目には区別がつかない、という設定のため)。
ホド戦争の際に消滅したホド島の生まれで、マルクト貴族「ガルディオス家」の遺児。
ファブレ公爵の進軍により目の前で姉、侍女、従者達を殺され、その死体に埋もれる形で生き延びたが、幼い彼は精神を守るため、それを忘却した。
しかし、トラウマとして傷は残り、女性に近付かれること、触れられることに強い恐怖心を抱くこととなった。
ホド崩落後、従者のペールに連れられて最初はセントビナーで匿われていた。その後はマルクト各地を転々としていた(マルクトの地理に詳しいのはこのため。身バレを防ぐため、卓上旅行が趣味とごまかしていた)

彼は復讐を決意してND2005にファブレ公爵家の使用人としてペールと共に仕え始めた(表面では従っているフリをしながら、内心ではいつか寝首をかいてやろうと考えていた)。ファブレ家で住み込みで働き始めたのは7-8歳ごろである。
その先でかつての家臣であったヴァンに再会し、ヴァンから仲間に入るように勧誘されていたこともあったようだ(ND2007頃)。
ファブレ公爵の息子であった「ルーク」(後のアッシュ)に対しては、仇の息子というだけでなく「貴族の中の貴族」であり、ガイは冷めた目で見ていたらしい(自分の本当の感情を押し殺しているような面があって、それがガイには共感できなかったとも言われている)。
ナタリアについても当時は「支配者の理想だか何だか知らないが、キレイ事を並べてもおまえらは俺の故郷を滅ぼした敵国の人間で、おまえらの親は人殺しなんだよ」と思っていたようだ。

この心境が変わったのは、アッシュとレプリカルークが入れ替わってからだという。
ガイはレプリカ摩り替えを知らなかったので、当初はレプリカルークのことも嫌っていたが、
最低限のことも一人では満足に出来ない彼の世話をしているうちに同情し、やがて家族めいた愛情を感じるようになっていった。
そんなルークを悲しむナタリアにも最終的には同情してしまったという。
そこから決意したはずの復讐への葛藤を持つことになる
(とはいえ、ヴァンがルークを騙していることは知ってたのに結局は黙認してたわけだから、ヴァンの共犯と言ってもおかしくない位置ではある)。

母はキムラスカ貴族のユージェニー・セシル。
彼女はファブレ公爵に付き従うジョゼット・セシル少将の叔母にあたる。
ユージェニーは対マルクトの切り札としてガルディオス家に嫁ぐも、
ホド島襲撃の際の手引きを拒否したため殺害され、
キムラスカのセシル家もマルクトに嫁いだ裏切り者を持つとの謂れを受けて没落した(それゆえジョゼット・セシルは没落した家名を復興させるために、ファブレ公爵の愛人になっている描写がある)。

ちなみに、ガイは物語中盤でガルディオス伯爵位を取り戻す(ファブレ公爵の使用人は辞めた)が、領地はホドであるためマルクトの貴族として持っているのは爵位だけで土地はない。
そのため、ピオニー皇帝の領地の一部を管理する任とブウサギの世話係を任されている。
ただし、ジェイド曰く国庫には前ガルディオス伯爵(ガイの父親)が所持していた財産があるとのこと。

TOWレディアントマイソロジー2

「そりゃどうかな。もうおまえには、俺のお守はいらないだろう」
グランマニエ皇国出身で、ジェイドの部下。
現在は王族であるルークの従者をしている。
立場としては「使用人」であるが、立ち振る舞いや言動はまるでルークの兄のようである。
女性が好きで優しくするのだが、どうやら女性が苦手な体質らしい。

TOWレディアントマイソロジー3

「違うぞ、ルーク。俺は、女性は大好きだ。ただ、その…… 少し、苦手なだけで」
ルークの世話をするために、修行の旅に同行していたが、
一時、ルークと離れることになる。

TOHツインブレイヴ

ファブレ家に仕える使用人だが、
ルークとは友人のような
信頼関係を築いている。
ルークのわがままに
振り回されているが、
陰になり日向になり
彼を支え続けている。

TOWタクティクスユニオン/TOWレーヴユナイティア

「よければ君らと同行させてくれないか? 多少は役に立てると思うんだが」
気さくで人当たりのよい、皆の良き兄貴分。防御はやや弱いが、高い素早さを誇る。

レイズ

ファブレ家の使用人にして、ルークの幼馴染。
記憶を失ったルークの教育係であり、
年上の友人としてずっと面倒を見てきた。
常識人の身でルークのわがままに付き合い続けた苦労人。
自然な紳士的態度のせいで女性の人気が高いが、
なぜか極度の女性恐怖症。
  • イベント『ティル・ナ・ノーグSUMMER~奇跡の救世主とポチ太郎~』にて参戦。