アッシュ

+目次

アビス

「人を殺すことが怖いんなら 剣なんて棄てちまいな!」
年齢:17歳  性別:男性
身長:171cm 体重:68kg
声優:鈴木 千尋
職業:剣士
主人公ルークの旅の先々に現れる男。
ローレライ教団「神託の盾(オラクル)騎士団」の幹部である「六神将」の一人。
傲慢で口が悪く、態度も大きいが、時折優しさを垣間見せることがある。
「鮮血のアッシュ」という異名を持ち、剣の腕は超一流。

+ネタバレ
正体は被験者(オリジナル)ルークである。
10歳の時にヴァンに誘拐され、ダアトへ連れ去られた
(バチカルから逃げ出すつもりはなかったのだが、「超振動の実験が辛い」とヴァンに漏らしたら誘拐されたので連れ去られた事を怒っていた)。
誘拐された際、レプリカに自分の居場所を奪われたことで自分を「聖なる焔の燃えカス」アッシュと名乗るようになる(外伝小説によると誘拐後監禁されヴァンの洗脳を受けた影響や、実際にバチカルに戻った際レプリカルークが家に自分の代わりとしているのを見たことで「居場所を奪われた」思いをより強くした)。
そういった経緯からアッシュはルークが自分の劣化レプリカだと、つねに見下している。
同時に、自分のレプリカのくせに、自分にできたことが何ひとつできないことを腹立たしく思いつつ、心のどこかで安堵している。
自分の居場所をレプリカルークに奪われていることは劣等感を刺激されているが、彼は“ルーク”を自分から捨てたんだというポーズをとる事で劣等感を隠している(ただし未来を誓い合ったナタリアには優しく接している辺り、ルークであったことを捨て切れていないが)。
むしろ、レプリカルークのために捨ててやったという被害意識と優越感で心理的安定を得ている。

アッシュがそうやってレプリカルークを自分より下の存在だと見下している間に、ルークは「変わりたい、変わらなくちゃいけない」と自我を確立していく。
下とか上とか、レプリカとオリジナルの関係性に拘っているあいだに、レプリカルークはそんなところを飛び越えてしまった。
ずっと後ろを走っていたはずのレプリカルークが、自分より先に行っていることに気づいて、アッシュは愕然としてしまう。
その瞬間に、自分がいつまでも一ヶ所に立ち止まっていたことに気づくが、にわかには認められない。
それが、エルドラントでの最後の決闘につながっていく(アッシュがルーク・フォン・ファブレに戻る為の儀式であり、レプリカルークがオリジナルを超えて進むために必要だった)。
つまりアッシュはある意味、10歳のときに誘拐されたまま、心の成長が止まっていた模様(このあたりはスキットや外伝小説にも触れられている)。

TOWレディアントマイソロジー2

「消えろ…。俺の前に姿を現すな……」
僧院で育てられた戦士。
自分以外の誰も信じていない乱暴者であり
口は悪く態度も大きく、おまけにやさぐれている。
現在はある人間の命を狙って活動している。

+ネタバレ
今作ではルークの双子の弟。
ルークが死んだ際の王位継承者の替え玉として僧院で育てられた。
ジャニスの実験を阻止する際に巻き込まれたことによりラルヴァを身体に浴びてしまう。
それゆえ当初バンエルティア号に来た際には体調に異常をきたしていた。

TOWレディアントマイソロジー3

「所詮、俺はルークの影だ。王にはなれない」
ルークと双子であり、ほんの数分の生まれの違いで、ライマ国王位第二継承者となる。
ルーク、ガイと王位を継ぐための修行に出ている。

バーサス

「てめえみたいな奴が……俺は心底うざいんだよ!」
所属国家:無所属
ユグドラシルバトル制覇のため、新帝国が育て上げた最強剣士。
前回大会以後、公にその姿を晒すことはなく現在はひとり何処かへと姿をくらましている。
その真意は如何に?

+ネタバレ
今作では被験者(オリジナル)ルーク。
表向きは「行方不明のルークの双子の兄」とされていた。
親しい人(ナタリアと思われる)を失って以降、ユグドラシルバトルの全てを憎んでいる。

レイズ

神託の盾騎士団」の幹部・六神将の
一員にして、特務師団を率いる、
人呼んで「鮮血のアッシュ」。
その荒々しいまでの傲慢不遜な態度と、
それを十分裏付けるに足る剣の腕でもって、
幾度となくルークたちの前に立ちはだかる。