ルカ・ミルダ

+目次

イノセンス

「多分運がよかったんだ。僕、ケンカなんて全然だし」
年齢:15歳 性別:男性
身長:168cm 体重:56kg
声優:木村 亜希子
職業:大剣士
『テイルズ オブ イノセンス』の主人公。
王都レグヌムの裕福な商家で育った、成績優秀な優等生。
内気な性格でいつも級友にからかわれていた。
ある時、人々に恐れられ、王都では捕縛の対象となる超常的な異能の力が自分にあることに気づいてしまったことから、運命が動きだす。

+ネタバレ
前世は戦神アスラ
ルカは夢で見る自分とは正反対の男らしいアスラに憧れを抱いており、一時期はアスラの真似をして学校で振る舞い両親を呼ばれたこともあるという。
身の丈ほどもある大剣を使う戦闘スタイルもアスラに憧れてのこと。
前世の自分であるアスラに限りなく近づこうとするほどに憧れていたため、
アイデンティティの一部のようになっていた自分の前世であるアスラが天上を崩壊させ、
無恵を引き起こして世界に戦争と転生者出現という事態を引き起こしたという事実を天空城で知り、大きなショックを受けてしまった。
しかし現世で培った自分の絆を信じ、前世との区切りをつけ仲間の元へ戻る。
父親は家業を継がせたいと思っているが、ルカ自身は医者志望である(とはいえ家業を継ぐことは嫌ではないらしい)。

イノセンスR

王都レグヌムに暮らす、裕福な商家の息子。
学校の成績は優秀だが、運動は苦手。
心優しいが、優柔不断。控えめで、何か言われても言い返せない。
夢で見る自分とは正反対の男らしいアスラに憧れを抱いている。

TOWレディアントマイソロジー2

「うん。僕も家の味が恋しいよ。母さんの作るチーズスープ……」
『テイルズ オブ イノセンス』の主人公。
普通の少年だったが、突如不思議な力に目覚める。
そのため、故郷から異質の存在だと見られ
イリアと共に身を隠すためにバンエルティア号に乗っている。
成績優秀な優等生タイプだが、いつもからかわれる内気な性格。

TOWレディアントマイソロジー3

「……そうだよね……どうせ、僕なんて……ううっ、グス……」
イリアの父が村長を務める村に住んでいた。
周りが貧しい中、家は裕福な商家で、ルカは余りそれを快く思っていない。
加えて、親が医者になりたい自分の希望を認めなかったため、
家出同然でアドリビトムへ。

バーサス

「こんな事を続けるのは間違ってるよ!」
所属国家: 自由都市連合ダイン
自由都市連合に加盟する都市に住む少年。
夜な夜な不思議な夢を見ることがあり、ある時から突然戦いの力に目覚める。
「夢の正体は世界樹のもとにある」と無意識に感じ取り、旅立ちを決意する。
おどおどした性格だが、身の丈程もある大剣を軽々と振るう豪快な戦闘スタイルを取る。

+ネタバレ
ダオスに逆らったために地上へ落とされた天使アスラの転生者。
原作通りイナンナとは恋人同士だが、原作での後ろ暗い設定はない。

TOHツインブレイヴ

医者を志す心優しい少年。
内気な性格だが、
困難を乗り越える勇気と、
決して諦めない強さを持つ。

TOWタクティクスユニオン(DLC)/TOWレーヴユナイティア

「僕……自分が本当はどんな人間なのか 知りたいんです。だから……」
優柔不断で気が弱いが、心優しい少年。大剣による強力な攻撃だけでなく、火の術も使いこなす。

アスタリア アヴァロンの輝石編

「知らない土地に一人…不安だな…」
裕福な商家の息子。
成績優秀な優等生だが、
運動が苦手で引っ込み思案な少年。
心優しいが、何か言われても言い返せない、
控えめで優柔不断な面がある。
夢で見る自分とは正反対の
男らしいアスラにあこがれを抱いている。

リンク

「やっぱり悪い人達ってそういうところにいるんじゃないかなって。ほら、小説でもよくあるでしょ。」
サイランの近隣、サントレーヌ国内でも裕福な家系に生まれた。
家は商家で、国内ではかなり有名。イリアやスパーダと共に、サントレーヌのギルドに所属している。

レイズ

王都にある裕福な商家の一人息子。
成績優秀で模範的な優等生だが、運動やケンカなど
体を使う事は苦手。自分に自信がなく、引っ込み思案。
将来は商人より医者になりたいと思っている。

+ネタバレ
第13章のラストに登場。
いきなりファントムにより具現化させられた。
特異鏡映点の一人で、具現化後はヴェイグやクレアと共に行動していたが、
救世軍に攫われ、ファントムとミリーナだけの為の
理想の新世界創造に協力させられている。
ミラージュプリズンではファントムたちが起こした騒動から、
命はとりとめたものの、イ・ラプセルの館で軟禁状態と
なっている。