リヒター・アーベント

+目次

TOSラタトスクの騎士

『俺の足を引っ張るなよ。自分の身は自分で守れ。――フォローぐらいはしてやる。』
年齢:20歳 性別:男性
身長:180cm 体重:75kg  
声優:浜田賢二
職業:双剣士
得意属性:水
ある目的のため、ラタトスク・コアを探して旅をしている青年。
自らが虐げられて育ったため、他人を虐げるものを酷く憎む反面、虐げられておとなしくしている者も憎んでいる。
度を超した皮肉屋で、目的のためには手段を選ばぬ苛烈な性格。
コアを探す旅の中でエミルと出会い、その臆病な性格や受身な姿勢に苛立ちながらも、
何かと世話を焼いてしまう。それには何か訳があるようだが…

+ネタバレ
『TOSラタトスクの騎士』の実質ラスボス。最終戦の時は得意属性が火属性に変化する。

「ラタトスクの死」という利害の一致のもと魔族と契約し(エミル達の世界と魔族の住むニブルヘイムを隔てる扉は、ラタトスクが生きている限り破られる事はないため)、精霊ラタトスクに親友アステルの仇討ちをしようとしていた(この辺りはTOVのDLCコス「復讐のハーフエルフ」の説明にも記載されている)。

実はエルフの父と人間の母の間に生まれたハーフエルフ。
昔は両親と共にテセアラの人里離れた山奥で暮らしていたが、無理を言って町に出た結果ハーフエルフだという事が知られ、自分を庇おうとした両親をハーフエルフ狩りの為にテセアラ全土を回っていた王立軍に殺されてしまう。
その後はハーフエルフ特有の高い知能に目を付けられ、サイバックの研究施設に軟禁される。そんな最中にアステルと出会い、彼と友情を育む。しかしアステルはラタトスクに殺され、その時からリヒターはラタトスクの命を執拗に狙う復讐鬼と化した。

また、ブルートに近づき、ヴァンガードを暴走させた人物。ブルートにセンチュリオン・コアを渡したのも彼。

そんな彼がエミルを気にかけていたのは、彼の容姿が親友のアステルに瓜二つだったため。が、しかし、エミルの正体がラタトスクそのものであったため、敵対。
殺そうとするも、ギンヌンガ・ガップでの最終決戦でエミルの体を張っての説得(及び、アステルを殺した罪を償う為に自作自演でマルタとロイドに殺されようとしたこと)に心を動かされた。

当初は世界を魔族だらけにしてでもアステルを蘇らせようとしていると思われていたが、封魔の石と神子の輝石を使い自らが人柱となる事で扉を封じ世界を守るつもりだった事が、終盤で判明した。

最終的に彼のラタトスク=エミルへの憎悪は完全に氷解。エミルに人間としての一生を全うして貰う為、自らをラタトスク・コアの宿り木とし、暫くの間エミルとラタトスクに分離して暮らす事を提案する。リヒター自身はマナで世界を支える必要がなくなった1000年後に解放される事をラタトスクから告げられた後、魔界の扉の人柱となった。

TOWレディアントマイソロジー3

「わざわざ死に急ぐこともない。そう思ったから忠告した。それだけだ」
セルシウスと契約し、星晶豊かな霊峰アブソールを一緒に守っている。
しかしセルシウスにディセンダーと行動することを頼まれ、アドリビトムへ。

バーサス

「吠える声だけは大きいな、負け犬が」
所属国家:無所属
ある男を仇(かたき)として追い求める孤高の戦士。
物静かで理知的な雰囲気をただよわせるが、その瞳の奥には復讐の炎が燃えている。
身の上について謎が多く、世界樹とユグドラシルバトル、そして異世界ダイランティアについて、
常人では知りえないはずの知識を身に付けている。

+ネタバレ
今作ではダオスと友人の天界人。そのため、実年齢は原作と違い20歳ではない。
地上人を見下す高圧的な天界人だが親友のアステルが親地上派なので共同研究していたが
アステルはバルバトスに殺され、魔界にいるバルバトスと相討ちになってでも仇討ちを目指す人物となっている。

また、天界人というダイランティアを裏から支配する立場にあるためか原作よりも世間を知らず、
お店にいる客に対応する店主に対しても「媚びへつらう豚」呼ばわりしている。
さらに、カイウスが被差別者の想いを語ると「自分を差別する人間に媚びへつらう豚以下」と苛烈に罵るなど原作よりもプライドが高い人物となっている。

レイズ

「…失われた命の復活。本当に可能なんだろうな」

+ネタバレ
9章後編のラストに登場。
親友アステルの復活を望み、救世軍に加担している模様。
第11章では具現化装置設計図を奪って逃げたチェスターを待ち伏せしていたが、
「襲うフリをして、チェスターをスパイとして送り込む」ために一芝居うった。
第12章ではディストによって捕らえられたマークに代わり救世軍のリーダーになったと
元救世軍兵士のルックに言われている。
四幻将としての通り名は「焔獄のリヒター」。
ミラージュプリズン編ではアステルの復活をメルクリアに叶えてもらった様子。
フェアリーズレクイエム編6章ではジュニアを守っているのを疎んだグラスティンにアステルをネタにおびき寄せられたところを捕らえられてリビングドールβ化され、
同じくリビングドールβ化されテセアラ領の領主にされたリーガルの護衛騎士となっている。