ディストーション(でぃすとーしょん)

+目次

概要

ディストーションとは、時空を歪めて、敵の存在自体を消し去る術のこと。
初出はファンタジアのアーチェ・クライン。
作品により、効果が全く異なる。
北米版での表記は「Distortion」である。

登場作品

ファンタジア

無属性の上級魔術。この頃は敵を即死させる効果。

エターニア

時空の歪みという「矛盾」が敵の存在自体を消去する時空系上級晶霊術
分類 晶霊術 属性
HIT数 12 消費TP 64
威力 5000 詠唱時間 約5秒
時空の歪みが敵を消し去る晶霊術。消費TP64という高い数値を要するが、その分非常に強力な術である。
発動した瞬間から攻撃判定が発生し、殆どの敵がこの術を回避する事は不可能。
威力が5000で固定されているので、敵が時に属性耐性を持っていなければ、確実に5000のダメージを与える事が出来る。
敵が時空に囚われている間、歪みが敵にダメージを与えるまで、こちら側からは一切の手出しが出来なくなる点には注意。

使用者:レグルスフェイク?
発動されたら、味方は時空に囚われ何も出来ないまま、戦闘不能になってしまう。
さらに敵が使用するものは戦闘レベルにより威力が変動するというオマケ付き。
戦闘レベルマニアでのダメージは脅威としか言い様が無い。
フェイクのディストーション連発やレグルスの猛攻+ディストーションに泣いた人も多いのではないだろうか。

台詞(没)
時、逆しまに帰りて其を消し去らん。


関連リンク

関連技