グラズヘイム


概要

2週目以降挑める、TOS-R最大規模のダンジョン。ロイドが加入したときから入れるようになる。

詳細

最初に入ったところには4つのワープゾーンがある。ここからワープゾーンで隣の部屋(空間?)に移動し、そこから次の部屋へ…、と移動していき、マップ全体の四隅にいるモンスターを倒すことで次のフロアに進める。
脱出すると、マップが再構成される。
マップはワープゾーンのある形の決まった小部屋が8×8個存在する広大なものだが、ランダム生成の都合上、行き止まりになっていたり入れない空間がある。
四隅の魔物を倒すと、ワープゾーンがあらわれ、そこから次のフロアに進めるようになる。
ここに登場する敵は大体レベル70~100程度である。どの攻略本にも雑魚のデータは載っていないので、能力の詳細は自分で把握するしかない。
3層と6層にセーブポイントがある。
10層ではアルブム・アートルムと戦う。どのワープに入っても同じアルブム・アートルムがいる。キスメットがほしければサーチアイテムをたくさんつけること。
ここ限定の装備品がある。開かない宝箱は近くの魔方陣のデーモンを倒せば開けられる。
地形の形自体は決まっており、そこに配置されている敵も決まっているため、能力アップの薬草を盗める敵のマップの形を覚えれば稼げる。最初のマップから入れるエリアを何度か厳選し、狙いの薬草を盗めるようにすれば強化ポイントと化す。