神の眼の騒乱(かみのめのそうらん)

+目次

登場作品

デスティニー2

「第二次天地戦争」、「ヒューゴの乱」とも呼ばれる。
グレバムの乱」後にセインガルド王国に封印された「神の眼」。
約1000年前の第一次天地戦争でかろうじて生き延びていたいにしえの天上王ミクトラン
オベロン社の総帥ヒューゴ・ジルクリストを操り「神の眼」を奪って空中都市群を復活させたが、
スタン・エルロンら現代のソーディアン・マスター達によって倒され、戦争は再び地上の勝利に終わった。
…というのが正しい歴史であるのだが、世界ではミクトランの存在は語られておらず
「ヒューゴ・ジルクリストがオベロン社の幹部を率いて「神の眼」を奪って空中都市を復活させ、
地上を恐怖と絶望に陥れたが、四英雄により倒された」というように語られている。
そのため、世界ではヒューゴ・ジルクリスト及び四英雄を裏切ったリオン・マグナスは忌み嫌われている。


関連リンク

関連項目

類似項目