HP激変バグ


ラタトスククリア後のグレードショップにて「HP増加」「HP減少」を購入すると、なぜかリーガルとしいな、7章で一時的に加わるロイドのHPが激変するという変なバグ。ロイドのみ8章で自動解除される。
8章でのリーガルの元々のHPは6200程度だが、HP増加を買うと何故か9999になっており、反対にHP減少を買うと5700程度に減少する。
本来コレットと同じくらいのHPしか無いしいなも、増加させると何故か8700近いHPになっており、減少させるとHPが2500程度に減っている。
これだけだと有益に思えるが、残りのパラメータがこのHPに反比例して大きく増減し、HP増加の場合は500に届かないパラメータが複数存在するという状態になる。
説明にもエミルとマルタだけとは書いてはいないが、それだと他のキャラクターたちのパラメータが一切変動していないのはおかしい。リーガルとしいな以外は最終的に固定されたパラメータである。
そして本来はエミルとマルタの二人だけに作用すると仮定したら何故かリーガルとしいなに作用している…と、バグであることは疑いようはない。ただ、やっぱり謎である。
7章でリヒター戦に魔物をすべて預けて臨むとロイドが加わるが、この時のロイドも影響を受けている。ただ、そのときのロイドのHP以外の能力を調べる術が無い。
そして正式に加わる8章ではパラメータが固定のものに修正されるため、HP増加を買った場合、7章リヒター戦では9999あったはずのHPが5125まで激減してしまう。
また、HP増加を買った場合リーガルとしいなの能力は4章から激変する。そのため、スカイキャンセルなどを強制セットされているリーガルの場合、HP増加を買うと4章でのSPが18/12と明らかにおかしな状態になる。