レンズハンター

+目次

デスティニー

モンスターを倒したり遺跡から発掘したりしてレンズを集め、オベロン社に買い取って貰うことを生業とする冒険者。
かつてはレンズの供給が安定していなかったため、レンズを高額で買い取ってもらうことにより生計を立てることができたため一攫千金と人気だった(その分実力の伴わないにわかハンターの死亡率も高かった)が、レンズの供給の安定により換金レートが下がり、だんだんとレンズハンターの数は減っていった。
今はそれほど稼げる職業ではなくなったため、野党や強盗、盗掘者に落ちぶれるものも出た。

デスティニー2

モンスターを倒したり遺跡から発掘したりしてレンズを集め、オベロン社に買い取って貰うことを生業とする冒険者。
神の眼の騒乱で総帥ヒューゴ・ジルクリストの死、レンズ技術への依存の脱却運動の影響などによりオベロン社が解体されたため、この職業は今や存在しない過去のものである。


関連リンク

関連項目