藤田咲(ふじた さき)

担当キャラ


ネタ

  • リアルで新人時代、スタンandソディアのラジオ「ビッグバン」のアシスタント「BGP」のメンバーの一人であった。
  • VOCALOIDの中の人でもある。そのため彼女に台詞がつく時は中の人として呼ばれたりする。
    • 「童話」をモチーフにしたシングルとアルバムでは高笑いしながら死人にヤンデレる少女人形で、名前は「エリーゼ」。
      • 白雪姫風の御姫様モアナの復讐劇を見た後彼氏と「お后様と鏡ごっこ」をするなど、背景を考えなければ普通にデレる部分もある。
        • だが後にキュキュが出てくる歌がライブで再演された時は、彼氏がリオン等と混じっていたり、彼氏ならぬ楽曲作者の腕に抱かれたり、その楽曲作者がOP担当でキュキュも参加している某進撃アニメ関連コンサート千秋楽でもスクリーンに映ったりしていた。
      • アルバムにはリーガルもキャラとして参加しており、ミラを殺そうとしてゼファーに討たれる彼等をあざ笑っていたが、最後には彼氏が遠い日に出会った女性(幼少期がキュキュ)と再会したせいで…。
        • ちなみに彼氏は生前人間のキュキュから彼女そっくりのぬいぐるみを貰っており、人形キュキュはぬいぐるみの進化形(?)説が有力視されている。
      • 後に楽曲作者の別作品にもVOCALOID抜きで参加(コンサート版では子役が彼女の声に合わせて演じた)。見る度にミラ(メインはこっち)や老女に変わる謎の女店主として、アン・トルメと逸れたアーティストに曰くつきの品を薦める。
        • 作中では少女人形キュキュが出てくる物語のアナザーエンド曲も登場し、こっちでは彼氏が想い人と再会しなかったせいか高笑いしていた。
    • 超機械大戦でまさかの参戦を果たす。正確には彼女のコスプレをした彼女と同じ声のロボットだが。
      • と思いきや一部武装で御本人のカットインが入る
      • シナリオ面でも「どうせいるだけ参戦だろ」という当初の予想を全力で裏切る八面六臂のクロスオーバーを展開、その歌声で邪神ジーニアスのシナリオを完膚無きまでに粉砕してみせた。
    • 絶望教師カルセドニーの生徒である無口な毒舌メール少女パティのアフレコをしようとしたこともある。
  • とある中学校で生徒会副会長を務めている。学年は2年生でクラスメートにディセンダーが1人(RM3男ボイス4)いる。
    • 地名や名所の名を織り交ぜた駄洒落が得意だが、↑のディセンダーにしか受けてない。
    • 廃部になった茶道部の部室を占拠して新たな部活を作った↑↑のディセンダーの友達につっかかるような素振りを幾度なく見せているように見えて、実は彼女のことが好き。
      • 実際、彼女が頭を打って人格が変わってしまった際にはかなり取り乱していた。
    • そしてその友達とキュキュを前にして、一緒にいる生徒会役員の1人(これまたクラスメート)が妄想して鼻血を吹くのがお決まりの展開。
    • なお、クラスメートのディセンダーもその部活の部員で、その他の部員として主役なのに目立たない1年生のディセンダー(RM2女ボイス5・RM3女ボイス3)と、もう1人1年生がいる。
  • ファミレスでバイトしている男性恐怖症の女子高生。どれ位男性が恐いかというと、男性が側にいるだけで殴りかかってしまうくらい。
    • 男性恐怖症となった原因は親バカ(と言うよりバカ親)な父親・テネブラエのせい。
    • 年上嫌いの同僚であるカイルとは相性最悪だったが、自分の為に女装までしてテネブラエを叱りつけた事で惚れてしまう。
      • しかし、それでもカイルを殴ってしまうその様子は、ファンからは「ボコデレ」と呼ばれている。
    • その他の同僚は、働かない店長カロル、小学生並みの低身長のメル、カロルにベタ惚れのロディ、謎の情報通カルセドニー、家出娘シャーリィ、マネージャーだが空気なヴァンなど。
    • 「ぺったんこ」であることもコンプレックスである。
  • コハクやザキ達のいるアルカディア学園と敵対する組織・ゼノンの構成員。トーマという名の同僚や洗脳されたコハクの幼馴染ルーク(幼少期)をよくからかっている。
    • コハクの仲間のGT-R乗りがお気に入り。わざわざ敵基地まで来てアプローチしかけてきたことも。(これ以前にも彼女が基地に潜入できたこともあった。っていうかアルカディア学園、警備がザル・・・)
    • 未来でコハクとヒロインが出会ったボータの娘は彼女とそっくり。ボータの話からするに娘は死んだか何かで、彼女は娘のレプリカとか?
      • 実際レプリカだった。ボータは未来のコハクのせいで娘が死んだと思っていたが、実は生きていた。
  • 人魚のエトスとは知り合いの高校生ヒューバートがよく利用している釣具店の店員。実は竜宮城のオーナーだったが、竜宮城がつぶれて地上で職を転々としている。
  • 人類から制海権を奪った戦艦型無機生命体「霧」の元指揮官。RM3あたまらに負けてから彼らの協力者となる。
    • あたまらが乗艦している艦は元同類で、自分を破ったその艦をお姉さまと呼んで慕っている。その愛情表現の仕方がどこぞのドナを追いまわすクロームみたいだという声も。
      • ティアの元配下であたまらの艦長の追っかけに走った娘など、負けてギャグ要員になった者はみな元は彼女の配下だった。上司が上司なら部下も部下…
    • 戦艦の擬人化繋がりで後述のゲームとはコラボしたことがある。なお、擬人化自体は本作が先。
  • 艦隊を擬人化したとあるブラウザゲームで複数のキャラクターを担当している。
    • 担当は戦艦が2、正規空母が1、駆逐艦が4。
      • 中でもボーキサイトの女王は確実に手に入るため、彼女といえばこれ、という提督は少なくないだろう。
        • アニメでも登場したが毎度てんこ盛りの飯を喰っている屈指のネタキャラと化していた。
      • やたら不幸体質の戦艦姉妹もいる。
      • 逆にやたら運の高い奇跡の駆逐艦もいる。
      • 「陽炎」「不知火」とどこかで聞いたことのある名前の駆逐艦もいる。
        • この系統の3番艦もキュキュである。
      • 2014年の夏に駆逐艦が一隻追加されて担当が8人になった。
  • 事故で地球にやってきたクラゲのような宇宙人、通称「会長」。宇宙船の修理に必要なカケラを集めるため5人の少女を魔法少女にして、カケラを集めるよう依頼する。
    • 兼役で魔法少女の一人だったりもする。こちらのキュキュは会長の通訳が主で、自身はあまりしゃべらない。
    • カケラをめぐって謎の少年プレセアと何度も攻防戦を繰り広げる。プレセアはカケラはもともと自分のものだと言っているが…。
  • 落ちこぼれE組の担任である謎の生物カイル暗殺のために送り込まれた「自律思考固定砲台」。「生徒には危害を加えない」カイルの契約を逆手に取って、各国政府公認の下に人工知能を乗せた兵器を生徒と言い張り、転校生という形で送り込まれてきた刺客。
    • 当初はプログラム化されただけの単独行動でクラスの仲間に迷惑をかけたが、カイルのアドバイスもあって自らの意思で生みの親(開発者)に逆らい協調性を身につけたことで自律を認められ、晴れてE組の一員となった。
    • 正面に液晶モニタがあり、そこに少女の顔が表示される。普段は制服姿だが、服を自由に画像表示することができ、状況に合わせてスク水や警官服や探偵服など、様々なコスプレを披露する。
    • 内部にある3Dプリンターでなんでも製造できるうえに、クラス全員の携帯に自分の端末をダウンロードして携帯の中で移動が可能になったりと何でもあり。
    • そんな彼女だが、本来一緒にカイル暗殺をするはずのヨーデルの前では必要ないと判断されたとか。
  • 某女児向け魔法少女戦隊12代目の紫。変身すると猫の耳と尻尾が付く。
    • 同期の赤と同じく、5代目のジュディス以来の高校生戦士でもある。
  • 新幹線から変形するロボットの運転士を務める小学5年生の少女で、運転士では唯一の女子。
    • 文武両道で、剣道が得意な委員長タイプ。戦闘でも剣道で培った剣術で戦う。乗り物酔いしやすいという弱点を持っていたが、所属支部長と主人公ユナのアドバイスで克服した。
    • 前述のVOCALOIDとのコラボで生まれたキャラクターで、眼鏡をしていて体格が小学生相応となっている以外は外見はそっくり。また、パイロットスーツのデザインは、このVOCALOIDの衣装をモチーフにしている。