田村睦心(たむら むつみ)

担当キャラ


声優・他作品ネタ

  • 同じクラスのラザリス姉妹らと動物がらみの事件を解決すべく探偵団を結成した小学生。ラザリスの祖父ソロンが開発したアイテムでネズミに変身する。
    • 探偵団のリーダーを自称するが、推理の方は穴だらけで難しいことは相方のメガネ少年にまかせっきり。そのせいか、ラザリス姉妹やメガネ少年が様々な動物に変身できるようになっても彼だけネズミ以外の動物にはなれなかった。
  • 同じクラスのアホの子の気まぐれに毎回振り回されている殺し屋少女。
  • 「超平和バスターズ」のリーダー。他のメンバーにレイアとアスベルがいる。
    • 幼少期はメンバー5人をまとめる活発な少年だったが、メンバーの1人の少女が亡くなってしまったことがきっかけで、メンバーはバラバラになり、本人も物語開始当初は半分引きこもりのような生活をしていた。
  • ゼノンに所属しているドライバー。ギルティスというロボットに変形する車をつかってコハクらアルカディアに襲い掛かる
    • 実はコハクの幼馴染でソウルイレイザーという装置で操られており、コハクが乗るライバードによってソウルイレイザーが破壊。その後、コハクと再会しアルカディアへ合流する。
    • 未来世界を舞台にした3DS版では主人公(現代のコハクの幼馴染ではないが・・・ちなみに別のコハクとマイクマンではないスタンの息子)。ゲーム中盤から使用可能になるグレイドラを操縦する(ちなみにこの車は3DS版の初回限定特典になっている)。
      • 3DS版のOPアニメ、ゲームの進行状況で未来にやってきたコハクと出会ったり共闘したり未来のコハクの息子であるアルヴィンが操縦するアルバロスとも戦ったりする。
  • 元は一匹狼だが、幼少期リチャードと共に、大六天魔王・クロノスの配下で「死神」の異名を持ち、対戦相手を徐々に痛ぶる紫属性使いのS級バトラー。元ネタはクロノスの元ネタの戦国武将の近習。
    • クロノスの命令でアルヴィンを言葉巧みに利用し、彼に新能力付の切り札カードを渡して主人公との対決を仕向け、アルヴィンが後に主人公によって敗れた後は本性を明かし、アルヴィンをボッコボコにしたが、対戦相手を見くびる行為が仇となり、主人公とは別の赤属性使いのバトラーや、黄属性使いの琵琶を奏でる忍者に返り討ちにされた。
    • 次回作では、もう一人の主人公として「酉」の十二神皇使いに選ばれた緑属性使いの勇者。「ズバッとビシッと大勝利!」
  • 滅亡したアーカディア帝国の第七皇子で、神装機竜(バハムート)という古代兵器の使い手。帝国滅亡後にできたアティスマータ新王国で借金返済のため雑用を引き受けている。通称「没落王子」または「雑用王子」
    • 雑用を引き受けている最中に入浴中の新王国王女に出くわして怒りを買うも、なんやかんやで気に入られると言うラノベのお約束的なところから物語が始まる。
      • 周りに天然幼馴染や肉食系留学生、ぼっち先輩とアクの強い女性陣が多く、メインヒロインの筈の王女の立場がない。
    • 実は兄ミクリオに利用され、帝国を滅ぼした張本人「黒き英雄」の正体でもある。バハムートも元は兄の物。
    • 学校の女子達から女装させられ、その姿がよく似合っていたことから本作の真のメインヒロイン扱いされていたり…。彼が女装させられた回はEDまで女装させられた。
      • 最終回のエンドカードもまさかの女装ルーク。
  • クロノス達自衛隊が接触した異世界の帝国女騎士団の一人。男勝りで体力馬鹿。
    • 騎士団を設立した皇女がクロノスの元妻リトルクイーンの影響で腐女子化、騎士団メンバーのほとんども腐女子化した中で彼女はそういったことに興味を示さなかった。
    • バカ皇子ロイド率いる交戦派から日本の大使館を他の騎士と共に守っていた際に自衛隊第4戦闘団隊長アスラに助けられたことから、後に交際することになる。「言葉の壁など、乗り越えてみせる」とはアスラの談。
  • 酒に酔った勢いで異世界から来たドラゴンに「うち来る?」と言ってしまったことからそのドラゴンが変身したメイドと同居する羽目になったOL。
    • このメイドが自分以外の人間を劣等種扱いしているのと、度々自分の尾の肉を食べさせようとする野には辟易している。
    • 後にメイドの仲間のドラゴン達が次々と彼女の元に集まり、その内の一人デゼルは彼女の後輩ゼファーと同居中。ゼファーの影響で次第にオタクゲーマー化しつつある。