黒匣(ジン)

+目次

登場作品

エクシリア

個人の霊力野の素質に関わらず誰でも同じように擬似精霊術「算譜法(ジンテクス)」が行使できる道具。
霊力野の素質がない人でも擬似精霊術が使える便利なモノであるが、使用者のマナを使わない代わりに周囲のマナを使用する。つまり精霊のマナを吸い取ってしまうためこれを使うと精霊は身体を構成するマナが失われて死ぬ。
仕組みとしては精霊の化石に機械の外装を取り付け、精霊の化石に残る微量のマナで付近の微精霊を誘引し強制的にマナを奪って精霊術を発動させる。
アルクノアが使用しており、これがリーゼ・マクシアにもたらされて以降リーゼ・マクシアの精霊は徐々に減っていっている。
ハウス教授がこれに近いものを研究・発明しようとしていたと噂されるサブイベントが存在する。
また、ディラックは「医療ジンテクス」というものを患者に処方することがある。

+ネタバレ
これにより精霊が死んでいき滅亡の危機に瀕しているエレンピオス。
しかし医療ジンテクスがないと生活を送ることができない人も存在している。
また、武装用黒匣を持たない一般人を「ガリィ」と呼び、
そういった黒匣を使わない一般人を狙う無法集団「ガリィ狩り」というのが横行し、
街の住民や街道を行き来する人々に多大な被害をもたらしている。
安心して無事に生活するのに黒匣は欠かせない道具なのだ。
そのため、ジュードは黒匣中心の生活から精霊を殺さない「源霊匣」へのシフトを考えガイアスを説得。
エンディングにてガイアスとローエンはエレンピオスとの外交で源霊匣の研究を推進することを
エレンピオス側に提唱し、融和政策を敷こうと考えている。

エクシリア2

マナの塊である精霊を消費して、術を発動させるエレンピオスの機械装置。
現在は一時的にエレンピオスにもマナが満たされているため、使用しても精霊が死ぬことは無い。


関連リンク

関連項目

類似項目