ラピッドレンジ(らぴっどれんじ)

+目次

概要

ラピッドレンジとは、雷の弾丸を連射する技。
初出はエクシリア2のルドガー・ウィル・クルスニク。
英語版表記は
ラピッドレンジ「Rapid Burst」:和訳「速射」

登場作品

エクシリア2

左の銃を連射しつつ右の銃をチャージし最後に放つ。
スキル効果により、ボタン長押しでTPを消費し更に連射。
分類 武身技 属性 火、風
HIT数 4→12(スキル発動時) 消費TP 21
威力 450→1170(スキル発動時) 詠唱時間 -
習得条件 風&火・230
物魔比率は8:2
スキル「セカンドアーツ3」併用で、×ボタン押し続けでラピッド・フルバーストが追加発動
使用回数100回以上で、最後の弾を除いて敵を貫通する効果が付加
アローサルオーブによる強化により最大で以下の付加効果が得られる。
Lv.1 気絶確率5%上昇
Lv.2 鋼体ブレイク値10&増加
Lv.3 敵の硬直時間25%増加
Lv.4 消費TP10%減少
雷の弾丸で連射を浴びせ、最後にもう一度強力な弾丸を撃ち込む。
バックステップが三回踏めるほど射程が長く、また属性の関係上通常攻撃の補助としても、相手の耐性に余り引っかかることなく役に立つ。
本領を発揮するのはスキル「セカンドアーツ3」を習得してからで、驚異的なHIT数と威力(どちらも全双銃技中、最大)を誇る武身技と化する。
また、術属性を持つ双銃の技の中では、唯一物理攻撃力値が強く影響する武身技ということもあり、双銃を扱う際にはぜひともコマンドに組み込んでおきたい。
派生する共鳴武身技の二つも汎用性が高く、そつの無い性能と言える。

使用者:ヴィクトル
分類 武身技 属性 火、風
HIT数 4 消費TP 21
威力 450 詠唱時間 -
武器が双銃の時に使用する
射程が長く威力が高い上に火傷・麻痺が発生しやすく厄介。

TOWレーヴ ユナイティア



関連リンク

派生技

関連技

ネタ