ブラストストリーク(ぶらすとすとりーく)

+目次

概要

ブラストストリークとは、扇状に照射されたレーザーの爆発で攻撃する術のこと。
初出はイノセンスRのコンウェイ・タウ。

登場作品

イノセンスR

レーザーを地面に向けて扇状に照射し
軌跡にそって爆発する中級術
分類 中級術 属性 -
HIT数 1 消費TP 17
威力 詠唱時間
習得条件 Lv20
打ち上げ効果
彼のみが習得する術の一つ。
発生した光球が陣から浮かび、プレイヤー前方の地面に扇状にレーザーを照射、
照射完了後に軌跡が爆発し、軌跡上にいる敵に大ダメージを与える。
その威力は破格で、終盤まで使っていけるほどのものである。
無属性の為、弱点を気にすることなく使えるのもおいしい。
レーザーの軌跡はターゲットを通るものの、レーザー自体に拘束性能は一切ない。
そのため素早い敵でなくとも、軌跡から動かれてしまうと外れてしまう。
大型の敵はともかく、小型の敵にはあまり向かない術と言えよう。
確実に当てたいならば、味方のコンボ中に使用することを推奨する。
ディバインストリークと名前が似ているが、全くの別技である。

台詞
猛き炎の脈動、全てをなぎ払え ブラストストリーク!


関連リンク

派生技

関連技

ネタ