教皇

+目次

シンフォニア

年齢:?? 性別:男性
声優:なし
テセアラにおけるマーテル教会の最高権力者。
本来は神子を中心とする教会に、彼が君臨している。

+ネタバレ
オゼットの出身。
前の国王が平民に手をつけて生ませた子供で、それがあって一足飛びに教皇にまで出世した。
若い頃はハーフエルフをしいたげる制度はまちがっていると考えていたが、
自身がエルフの妻を持ち、娘のケイトがハーフエルフとして生まれたことにより
自分だけが老いていき同じ血が流れているはずの子供は老いることがないという恐怖から
ハーフエルフが罪を犯した場合例外なく処刑という制度を作り上げた。
これによりセレスの母は神子暗殺未遂事件の首謀者として死罪になった。

ゼロスの暗殺を目論んでおり、「神子とその仲間がテセアラ衰退に加担している」という名目で
指名手配にし神子ゼロスが死んだら教会は名実ともに配下とし、
お飾りの神子としてセレスを据えるつもりだったようだ。
ロディルと結託しており、ケイトに「エクスフィアをクルシスの輝石に変える実験をしろ」と
命令し、プレセアとアリシアをエンジェルス計画の被験体にさせた。
国王を病死に見えるようにヴァーリから買い取ったゆっくりだが確実に死ぬ毒で殺すという計画により
暗殺を目論んでいたがロイドたちにより阻止され逃亡。
後に王座を奪い取るべくヒルダ姫を誘拐し、姫を人質に神子の宝玉と玉座を手に入れようと
目論んだがロイドたちにより阻止され、罷免され尋問を行うことになった。