ストーリー:テイルズオブアスタリア

第一章「星のカケラ」編

”かつて古の時代に、不思議な光に包まれた彗星がこの星へ落ちた。
衝突し6つの砕けた「星のカケラ」は、
不思議な光を放ちながら世界各地へと飛散した。

「星のカケラ」には不思議な力があり、持つ者を選ぶという。
己を試され、それを乗り越えた者のみが真実の姿を知ることができる。

時が満ち、宿命によって選ばれし者が現れた時、光の神殿はその姿を現すだろう。
選ばれし者は星のカケラを見つけ出せ、さすれば道は開かれん。

すべてのカケラが揃った時、光の神殿の守り神が現れ、その者の願いをすべて叶えてくれるだろう――。”

これは古の時代からこの世界に伝わる伝説。
大人から子どもまで、世界中のすべての人が知っている”おとぎ話”となっていた。

そんなある日、事件は起こる。
世界の中心に、突如として姿を現した謎の神殿…。
どこからともなく忽然とその場に現れた神々しい神殿は、まさに伝説に伝わる”光の神殿”。
伝説はおとぎ話ではなく、真実だったのだ。

神殿の出現を機に、世界の情勢は大きく変動する――。

ある大国の王は、自身が「選ばれし者」であることを信じて疑わず「星のカケラ」を
捜索することに全兵力を注ぎ込む。
また、別の王は神殿の領土を自国のものにする為に、その狼煙を上げた。
不穏な世界情勢に誘発されるように、各地域での内戦までもが引き起こされていった。

世界を揺るがす「星のカケラ」の伝説の元、生まれた国や立場、
目的も異なる”選ばれし”6人の冒険が今始まる――。

第二章「光と闇の救世主」編

響き渡る轟音、崩壊する大地、逃げ惑う人々――。
誰しも想像すらしなかった「世界の終わり」

強大な軍事力を持つ二大大国、ウインドルとア・ジュール。
長きに渡り繰り広げられた二国の対立は、遂には世界を巻き込んだ大戦争へと発展した。
だが、ある日を境に状況は一変、収束へと向かうことに。

ついに平和が訪れる。
世界の誰もがそう思っていた。

しかし、その期待はあえなく裏切られることとなる――。

ウィンドルとア・ジュールの両国が激突していた国境地帯に
まばゆい閃光が走り、轟音が轟く。

何の前触れもなく、突然の出来事だった。

それは、終結を迎えようとしていた戦火を
再び燃え上がらせるに十分なきっかけを
両国に与えることとなる。

激しさを増し、加速していく人々の争いを見ている男が二人。
一方は憂いを帯び、もう一方は野心を秘め、想う。
世界の在り様を。

そして 「異変」 は起きた。

激しい轟音が響き渡り、世界中のいたるところで大地が崩落…
遂に訪れた世界の危機は、一瞬にして世界を支配した。

そして――…

大切な人を、家族を、仲間を守りたいと、
「想い」に突き動かされた者達の“運命の物語”が今始まる。

第三章「結晶の大地と導きの光」編

澄み切った空と、人々を照らす穏やかな日差し。
それはまるで、誰しもが思い描く「平和」を絵に描いたような光景だった。

そんな世界の影で、一つの歯車が狂い始めていた―――

いつの頃からか、世界各地で、木々や草花が結晶に包まれるという、
不思議な現象が見られるようになっていた。

妖しくも美しいきらめきを放つ結晶は、
世間に大きな戸惑いを与えると同時に、人々の心を魅了していく。

人々は、その現象を「晶化現象」と呼んだ。

ある日の事、シルヴァラント王国では、ある儀式が執り行われていた。
歴史の記録として過去を映し出すとされる「天啓の石碑」―――。
石碑の内容を読み解くという伝統の儀式の開催に、王都メルトキオの人々は関心を寄せ、街は賑わいを見せていた。

だが、そんな中読み解かれた天啓は
近年の既知の出来事とは符合しない、異例のものであった。

前例のない事態に疑問を抱く人もあったが、ほとんどの人々はそれほど深く気に留めてはいなかった。

そんな中、とある一報が世界を駆け巡る。

「一国の王が晶化現象に見舞われ、その身体が結晶に覆い尽されてしまった」

その知らせは人々に衝撃を与えた。

「晶化現象は、植物のみならず、人間にも起こり得る」

――そんな考えを抱く者がいる一方、ある者はこんな考えを口にする。

「先の天啓は、この出来事を暗示した未来予知だったのではないか」と。

不安と疑念は、世界を覆い始めていく…。

それぞれの思惑を抱え動き出す四大国と、
その裏で緻密に張り巡らされた陰謀の糸…そこに隠された"真実"とは。

それぞれの「信念」と「正義」を胸に立ちあがった7人の物語が今、始まる――。

第四章「追憶の楽園(エデン)」編

絶対的な安寧が約束された世界「エンテレスティア」
そこは国の隔たりのない平和な世界。

「天帝」を唯一の王と仰ぐその世界で、
人々は平和に暮らしていた。

かけがえのない家族と大切な友人と共に、
何の疑いも持たず、当たり前に過ぎてゆく日常を――

「全ては天帝の祈りのままに」

エンテレスティアの人々にとって
天帝の意志こそが幸福への導きであり、また、希望でもある。

故に、人々は天帝のみを崇拝し、
その祈りを否定するものは存在しなかった。

――しかし、世界は徐々に綻びを見せ始めていく。
ある女性の存在をきっかけとして…

彼女は消える事のない、深い憎悪をその胸に宿していた。
それは平穏と秩序が支配する世界には存在するはずのない"異物"――。

その歩みは生誕祭の行われている「帝都シャングレイス」へと向けられた。
全てを暴いてみせる、という強い意志と共に。

遂に動き始める"世界を暴こうとする者達"。

その行く手には「白き獅子」が立ちはだかる。
純白の隊服に身を包んだ彼らは断罪者か、あるいは――。

かくして、世界はその在り方を問われる事となる。

互いの想いの衝突と葛藤…
その中で見出す「真実」と「答え」とは。
全てを取り戻すための物語が、今始まる――。

第五章「アヴァロンに眠る輝石」編

幾多の戦乱を経て、
各国が平和協調への道を
歩み始めた頃、
世界に突如として
一つの島が姿を現した。

古文書に記されたその島の名は
「アヴァロン島」

伝説の島と呼ばれるその島には、
ある言い伝えがあったーー

何でも願いが叶う、
望むものが手に入る、
必ず幸せをもたらす
…そんな夢のような宝があるという

宝の名は「サフィア」

「サフィア」は
アヴァロン中央に位置する塔ーー
「エルピスの塔」の頂上で
さん然と光り輝いていた。

しかし、その塔は不思議な封印により、
固く閉ざされていた。
何者も寄せ付けないかのように…