ストーリー:TOWレーヴ ユナイティア


始まりは定かでないが、夢見るものがいる限り存続し、
夢見るものがいなくなれば消滅する、
数多の世界の住民の夢が集まって形作る世界『レーヴァリア』。
そこに住む『ルフレス族』は、ひとびとのみる悪夢や心の暗い澱みの化身である『ヴール』を浄化することによって、
世界のバランスを保っていた。
しかし最近になって、それまで形のなかったヴールが魔物の姿として実体化するようになってしまった。
実体化したヴールに対抗できるのは、『夢守(ゆめもり)』と呼ばれる力あるルフレスたちのみ。
だがある日、その夢守たちも一斉に姿を消してしまう。

残されたまだ力を持たない幼いルフレスたちは、『目覚めの世界』と呼ばれる場所から、
ヴールに対抗できる力ある者たちを召喚しようと試みる。
そして『レーヴァリア』に召喚された『テイルズ オブ』キャラクターたちは、
それぞれの世界での記憶を失いながらも、けして忘れえぬそれぞれの信念を胸に、
すべての世界に迫る危機に立ち向かっていく。


テルン編

見知らぬ世界、レーヴァリアで目覚めたアスベルとロイド。
ふたりは自分の名前以外の記憶をすべて失ってしまっていたが、
テルンという“ルフレス族”の“若仔(わこ)”に助けを求められ、
ヴールと戦うことに。
テルンから詳しい話を聞くために“ルフレスの街”へ向かう途中、
同じく記憶をなくした状態で目覚めたナタリアと出会い、行動をともにする。
ルフレスの街にたどり着いた一行は、ヴールの襲撃にひとり立ち向かい、
幼いルフレスたちを守るフレンを発見。
彼に協力し、見事ヴールを退けることに成功するのだった。
記憶を失っている理由はまったくわからないが、
レーヴァリアや、そこに暮らすテルンたちが危機にさらされていることを知り、
協力を申し出るアスベルたち。
ヴールを浄化するためにテルンも同行することになり、
まずはルフレスの街の安全を確保するために街道のヴールを退治しようと外に出たところ、
魔術でヴールに対抗していたルビアと出会うのだった。

ナハト編

幼いテルンたちを街に残し、“メランコリウム”と呼ばれる場所で、
強大な力を持つヴールを封じるための結界を維持していた、
ルフレス族の“夢守”たち。
そのうちのひとり、最強の夢守であるナハトは、結界から飛び出したヴールを追撃し、
からくも勝利するが、激しく消耗してしまう。
さらに、テルンたちが召喚の儀式に失敗し、
ヴールに対抗できる力を持つ“夢見る目覚めのひと”がレーヴァリア中に
散り散りになってしまったことをナハトは知る。
ほどなく、目覚めたばかりのユーリとジェイドを発見した彼だったが、
ふたりはすでにヴールの影響で正気を失いつつあった。
ふたりを浄化し、事情を説明しつつ助力を願い出るナハト。
記憶を失い、いきなり戦いに巻き込まれたふたりは、
まずは様子を見たいと応じ、ナハトへの返答を保留する。