設定:テイルズオブコモンズ


シリーズ概要



人種

世界

  • ディオニス…本作の舞台となる世界。ユピテルとユンファヤングという二つの国家がある。本編開始16年前まで、両国が三度にわたる世界大戦を行っていた。
    • ユピテル…アルヴィンの出身地。元首は大統領・シャロン。龍鉄練造学で発展してきた国で、科学分野が盛んであるが、発展著しいためか古いものを軽んじる傾向がある。龍鉄鋼を作り出す技術を発明したことで急激な発展を遂げた。また、軍隊や兵器を持つ国としても知られ、龍鉄騎士団と呼ばれる部隊を持っている。先の大戦の発端となった国。
    • ユンファヤング…セフィナと清雲の出身地。元首は国王・御船。主に蒼魔陣術の技術促進で発展した国。蒼魔陣術とは、魔法や陰陽道を極めた存在。国には神殿に建造などが多くあり、蒼魔陣術の信仰度も高い。また、軍の他に蒼魔陣衆と呼ばれる部隊を持っている。伝統を重んじるため古風なものが多い。

技術

  • ジルフィクシィ…人間が誕生したときにその対の存在として神殿に現れ、その人間のパートナーとして生きていく、龍の姿をした生き物。大戦以降は誕生しなくなり、現在は機械じかけの人工ジルフィクシィが支給されている。天然、人工を問わず、ジルフィクシィが死ぬ(機能停止する)と主である人間は仮死状態に陥る。1人の人間に対し、パートナーとなるジルフィクシィは1体。

  • 華皇輪…世界を構成している要素が振り分けられた鏡で、裏に花の紋様が描かれており、それで種類を見分ける。全部で6つあり、6つすべて揃えることで、世界を再生させる天地龍脈解放の儀式、または崩壊・滅亡させる儀式が可能となる。

  • 龍脈文書…華皇輪の儀式の手順の説明書。

歴史

言語

組織

  • 華皇旅団…伝説の秘宝「華皇輪」を集めている集団。トップは総司令・ワイズマン。ユピテルとユンファヤングの両国の民からなり、大戦後に和平の象徴として創設された。天然ジルフィクシィを有する者が主な団員であり、アルヴィン一行も天然ジルフィクシィを狙う者からの保護の対価として団員となる。団員の証は腕輪。

  • 龍鉄騎士団…ユピテルが誇る精鋭騎士団。団長はスクゥーダ。アルヴィンの父・シーヴァスも所属していた。

  • 蒼魔陣衆…ユンファヤングが誇る、隠密・忍者部隊。頭領は神楽、先代の頭領はアルヴィンの母・弥生。

  • アガス…かつてユピテルに存在した、天然ジルフィクシィを災いと考えている宗教団体。天然ジルフィクシィを殺す事が主な活動。戦時中、弥生をはじめとする蒼魔陣衆の一部はその組織を追っていた。

  • キアシンス科学アカデミー…ユピテルの秘密研究組織。


職業


その他