設定:テイルズオブヴァールハイト


シリーズ概要



人種・種族

  • ヴァルス人…兎の様な耳を生やす種族。教皇シュトレがリーダー的存在となっている。

  • カルル族…カルルの属する種族。小さな二足歩行の猫のような種族で、アトミガル皇家を頂点に戴く。

世界

  • グラビナ…ヴァルス以外の世界の名前。厳密には世界の壁で隔てられた片側の世界の名前。

  • 世界の壁…世界を隔てると言われるほど高い山脈。山脈の向こう側にヴァルス人の国・ヴァルスがある。

  • グロースハイデル…セルツの出身地。

  • シュタルクリア帝国…元首は皇帝・カール・ヴァルツェスタ。元老院が存在する。本編の物語尾契機となる飛行船ルフトシップ爆発事件はここで起きる。
    • 博覧会場アゼルトリジャ…世界初の飛行船であるルフトシップ公開のセレモニー会場。

  • フライハイデル…レイの出身地。将軍が軍を管理する。

  • テッコン…ブリッツの出身地。精鋭部隊・真朱の閃光を有する。

技術

  • 飛行船…本編冒頭で初の飛行船ルフトシップが完成し、公開されるはずだったが、謎の爆発を起こしてしまう。セルツの父・アイゼルが出資していた。

歴史

  • ツァールハイト家…魔法使いの名門一族。ヴィラはこの一族の一員。

言語


組織

  • ビーベル騎士団…謎の騎士団。グラビナを黒い影で覆わんと動く。

職業