サーペントエッジ(さーぺんとえっじ)

+目次

概要

サーペントエッジとは、引き寄せるように武器を手前に振るい、発生した水流で攻撃する技のこと。
初出はPS2版デスティニーのルーティ。
Serpent、Edgeはそれぞれ英語で「ヘビ」「刃」を意味する。

登場作品

PS2版デスティニー

 
分類 術特技 属性
HIT数 6 消費CC 3
威力 300(50×6) 詠唱時間 -
習得条件 Lv98
引き寄せるよう武器を振るい、発生した水流で三回攻撃する術剣技。
Lv100目前で習得する、いわゆる「凶悪技」のひとつ。
サーチガルドを除けば唯一の、空中発動できない特技。

デスティニー2(PSP版)

使用者:<ルーティ>
PSP版では闘技場に乱入したルーティが使用する。
短剣を引き寄せるように3回振るって、発生した水流で徐々に引き寄せる特技。水属性。
直後に近接技のブラッディローズに連携することがあり、まともに食らうと危険。

TOWレディアントマイソロジー2

遠距離から絡む連撃後、近距離に引き寄せる秘技
分類 秘技 属性
HIT数 6 消費TP 15
威力 360(60×6) 詠唱時間 -
習得条件 Lv55
引き寄せるようなアトワイトの軌道で、水流を発生させて攻撃する秘技。
前作にはなかったが、今作で新しく追加された技。
ヒットするごとに敵を手前に動かし、間合いが詰まっていく。
基本的に後衛キャラクターのルーティにそれはどうなのか……というツッコミもあろうが、
リーチが短い奥義・ブラッディローズへの連携がスムーズにいく点は見逃せない。
ブラッディローズは前半がきちんと当たらないと途中で止まってしまう技なので、
前もって距離を詰めておけるサーペントエッジの特性は意外に便利なのだ。
逆に、敵を引き寄せた状態でスナイプロアに繋いでしまうと、
後半の跳ね上げ斬りが当たらず隙を晒すことになるのでやめておきたい。

TOWレディアントマイソロジー3



関連リンク

派生技

関連技

ネタページ